なりなり日記

Appleと折りたたみ自転車(BROMPTON / Tern Vektron S10 / BESV PSF1)の情報を中心に発信中!

【VektronとPSF1で行こう!】小田原早川から国道1号で芦ノ湖へ!


スポンサーリンク

こんにちは、なりなりです(^ ^)

そろそろ富士山が綺麗に見える季節、かつ、紅葉シーズンということで、芦ノ湖に行ってきました(^ ^)

スタートは小田原市早川

今回使用したのは、タイムズのB 箱根ターンパイク C駐車場です。

タイムズのBは、よくあるタイムズのコインパーキングとは違って、事前のネット払いによる1日借りです。普通の駐車場の一部(ここは2ヶ所)をタイムズに提供しているので、ナビの検索にかからず場所が分かりにくかったりしますが、今回は大凡の場所をナビで指定することで問題なく辿り着けました。


f:id:narinarissu:20211122132957j:plain
f:id:narinarissu:20211122133111j:plain

これは私が撮った写真ですが、タイムズのサイトにも写真が掲載されているので現地に着くとすぐわかります。駐車場の上を通っているのが箱根ターンパイクです。


f:id:narinarissu:20211122133118j:plain

さて、出発しましょう!

鈴廣かまぼこの里を抜けて富士屋ホテルのパン屋 PICOTへ

駐車場から1号に向かう道は分かりにくいので、Googleマップでナビすることをお勧めします。普通にナビさせると、蒲鉾屋の鈴廣の脇道に出ると思います。

小田原・箱根の観光地 鈴廣かまぼこの里|箱根・小田原のお土産を販売する観光スポット

ここは、蒲鉾が購入できるだけでなく、カフェや食堂を完備しているので、サイクリングの行き帰りの食事で利用すると良いですが、結構混雑するようです。


f:id:narinarissu:20211122134657j:plain

僕らは、この日は芦ノ湖周辺が大混雑であったため、食事は取らずにここまで戻ってきたのですが、ここも1時間待ちの様だったので、蒲鉾売り場の売店でお弁当とさつま揚げを購入して、2Fの休憩スペースで食事にしました。

結局、意外と早く順番が来て、食事中に予約しておいた食事処から案内が来ましたが。

食事処では電話番号を入力しておけば、順番が来ると案内が届きます。

<ネット受付可>名水甘味 「且座」・そばと板わさ「美蔵」 [小田原市/風祭駅]|順番受付・予約サイト - EPARK

ネット予約も出来るようなので、自転車の場合、渋滞には巻き込まれませんから、途中で予約すると良いかもしれません。


f:id:narinarissu:20211122133633j:plain

湯本手前の早川の流れ。


f:id:narinarissu:20211122133818j:plain

店の前の平ベンチでパンを食べた記憶があるのですが、椅子が個別になってテーブルが置かれています。


f:id:narinarissu:20211122133809j:plain
f:id:narinarissu:20211122133812j:plain
f:id:narinarissu:20211122133815j:plain

PICOTはカレーパンが有名ですが、キッシュなども美味しそうだし、ケーキも売られています。


f:id:narinarissu:20211122133906j:plain
f:id:narinarissu:20211122133859j:plain

過去二度来ていますが、混雑のため気づかなかったのか、新設されたのか、綺麗なイートインスペースが有ります。これは、休憩に良いですね!電子マネー対応も助かります。


f:id:narinarissu:20211122133903j:plain

僕は多分3度目のカレーパンを頂きましたが、さすがに、次回は他のパンを頂いてみます。カレーパンは美味しいですが、ちょっと小ぶりです。1人なら手掴みでお見せするところですが、コロナ禍のおり、奥様に怒られてしまうので…


【birdyで行こう!】JR東海道線と箱根登山鉄道で箱根湯本まで輪行〜国道1号で芦ノ湖へ - なりなり日記

カレーパン他、birdyで来た時のエントリーをご参考に。


1号を走り続けて芦ノ湖へ

f:id:narinarissu:20211122134218j:plain

温泉宿、金の竹 塔の澤に向かう橋からの眺め。鉄橋を登山鉄道が通るのを待つとより良いです。
念のため言うと、この橋は宿専用のため、本来は立ち入り禁止です。自転車でちょっと寄るくらい許容されるでしょうか。車では来れない場所ですね。

橋は下り側に有るので、僕らもそうでしたが帰りがけに寄るといいです。


f:id:narinarissu:20211122135120j:plain
f:id:narinarissu:20211122135127j:plain
f:id:narinarissu:20211122135118j:plain

残念ながら富士山には途切れることなく雲がかかっていましたが、まずまずの眺めです。

PSF1/Vektronで走った感想

和田峠を楽々制覇しているので、もはや登るのが厳しい坂など有る訳も無いのですが、湯本から芦ノ湖に至るまで、PSF1に乗っている奥さんは、ほぼほぼトップギアのままでぐんぐん登っていきます。

終盤になって、バッテリーが2/5になってしまったと言って、ビビってアシストレベル3(最大)から2に落として、トップから2段目のギアに切り替えていましたが、そんな程度で、実際には、帰りの登りはほんの少しなので、3のままで走り切れます。

PSF1と一緒に走るとVektronはなかなか苦戦するため、僕のVektronは序盤からTURBOモード(アシスト最大)です。それでも、Vektronはトップギアでは登れないので、ちょいちょいギアチェンジしつつ、ほぼトップギアで楽々登っていく奥さんに付いて行くのは必死です。

必死とは言っても、足に大した負荷はかかっておらず回すだけなので、パンパンになったりしませんけど。

僕のVektronのバッテリーは500Whに変更していることもあり1/5しか消費しませんでしたが、標準の300Wバッテリーだと半分くらい消費しそうです。


バッテリーは余裕ですが、箱根は車が多いため、ちょっと怖いというのが奥さんの感想でした。