なりなり日記

IT関係、テニス、トレラン、自転車(birdy / BROMPTON / TRANS MOBILLY)の情報を発信中!

2019年最新 輪行やサイクリングに向く折りたたみe-BIKEまとめ


スポンサーリンク

こんにちは、なりなりです(^ ^)

10万円台で輪行も可能な軽量折りたたみe-BIKE(電動アシスト自転車) お勧め6選 - なりなり日記

去年の夏にこの様なエントリーを書いて、


折りたたみe-BIKE(電動アシスト自転車) ULTRA LIGHT E-BIKE「TRANS MOBILLY」16インチを購入しました! - なりなり日記

TRANS MOBILLYの16インチを購入したのですが、ノーマルだとギアが軽過ぎてスピードが出ないためサイクリングには向かず


折りたたみ e-BIKE「TRANS MOBILLY 16インチ」の高速化改造を依頼しました! - なりなり日記
高速化改造すると違法になる可能性有り


【birdyとTRANS MOBILLYで行こう!】小豆島・高松輪行旅行② 寒霞渓のヒルクライムと絶景 - なりなり日記
1年経たずしてアシストの調子が悪いなど、お勧めできません。

そんなに長く乗れる期待はしておらず、数年で他にもっと良いのが出てくる前提で買ったのですが、調子悪くなるの早すぎ…


BESV初の折り畳みe-BIKE、PSF1の発売が決定! - なりなり日記
先日、注目していたBESVの折りたたみe-BIKEの発売が決まったこともあり、もう一度まとめてみます。

残念ながら、軽々輪行出来てスピードも出せるモデルは存在しないため、

  • 重量20kg以下
  • 一漕ぎ距離5m以上
  • 最大走行距離50km以上

を条件とします。

これ以上重いと輪行しないと思うし、これ以下の一漕ぎ距離ではスピードが遅過ぎて数十kmのサイクリングは辛いです。

最大走行距離は50km有れば十分です。輪行前提なので往復距離で考える必要が無いし、ミニベロで100kmも走る想定は不要です。

birdyでも100kmは走りたくない。

BESV PSF1


PSF1 | BESV JAPAN(ベスビー ジャパン) | 次世代のプレミアムe-Bike | 電動アシスト自転車

殆どのe-BIKEは普通の自転車にモーターとバッテリーを追加したデザインですが、BESVは一からe-BIKE専用に設計されていて、とてもカッコいい。

そのBESVが満を持して新発売したのがPSF1です。

折りたたみ形状もスマートですが、以外と小さくなく、重量も18.3kgと輪行は楽では有りません。

Daytona DE01


商品紹介|お洒落な電動アシスト付きポタリング自転車DE01

標準グレードDE01の他に、スポーツグレードDE01S、最上級DE01Xが有りますが、DE01を代表にして比較します。

DE01シリーズはアシストが1モードと簡易的ではありますが、PSF1より10万円も安く、折りたたみサイズも小さく、少し軽いです。

バッテリーがサドル下の革の小箱に収まっていること、ハブモーターでハンドル周りにスイッチも無いため、一見するとe-BIKEに見えません。

国産なのでサポートも得やすいでしょうし、ローロ馬車道店でもトラブルは聞かないそうです。

tern VECTRON


Vektron | Tern Folding Bikes | Japan
Vektron S10 | Tern Bicycles Japan

DAHON創設者の息子さんが創設したternにはVECTRONが有ります。

VECTRONはおよそ20kgなので、輪行には体力が必要で、価格30万円超えと超高級品なので、なかなか手が出ませんよね。


Electric Folding Bike, Fastest Electric Lightweight Push Bicycle | Brompton Bikes
BROMPTONのe-BIKEが日本で発売されたら更に高額だと思われますが、16.6kgなので軽量な方です。

beneli ZERO N2.0


ZERO N2.0 | ベネリ 電動アシスト自転車
benelli ZERO N2.0[ホワイト] | トイファクトリーのミニベロ専門店「トイバイク」

僕は聞いたことの無かったbeneliというブランドですが、e-BIKEのラインナップは充実しています。

その中で標準的なZERO N2.0を比較対象とします。

価格はDE01と同じで安めですが、少し重く、折りたたみ時の幅が46cmも有るので輪行しにくいです。

仕様まとめ

PSF1 DE01 VECTRON ZERO N2.0
価格(税別) 24万5,000円 14万8,000円 29万8,000円 14万8,000円
重量 18.3kg 16.8kg 19.8kg 18.5kg
折りたたみ時サイズ(cm) W84xH77xD44 W86.5xH68.5xD38.5 W86xH65xD41 W86×H70xD46
ギア Shmano Altus 7s Microshift 7s Shmano Tiagra 10s Shmano Turney 7s
チェーンリング 48T 52T 52T 52T
スプロケット 12-28T 11-28T 11-32T 14-28T
タイヤサイズ 20x1.75 20x1.25 20x2.15 20x1.75
タイヤ周長(cm) 152 145 163 152
一漕ぎ距離(m) 2.60-6.08 2.76-7.04 2.64-7.70 2.82-5.64
アシストモード 3 1 5 4
バッテリー 36V 10.5Ah 36V 6.6Ah 36V 8.4Ah 36V 7.8Ah
モーター 250W 250W 250W 250W
最大走行距離 90km 50km 100km 65km



PSF1のチェーンリングとスプロケット、タイヤサイズは、BESV JAPANにメールで問い合わせた結果です。


DE01のアシスト力がイマイチ分からないためPSF1と比較してみます。

PSF1の走行距離90kmはエコノミーモードの場合で、性能はPSA1と同じと思われるため、ミドルモードで74km、パワーモードでは60kmとなります。

PSF1のバッテリー容量はDE01の1.59倍なので、DE01の50kmを1.59倍すると79.5kmになりますから、DE01のアシストはPSF1のミドルモードより少し弱め程度ということになります。

それでも貧脚なうちの奥さんが、港の見える丘公園に向かう谷戸坂という、結構な勾配の坂を楽々登れていたので、十分な登坂力が有ると思います。


DE01のタイヤとフレームサイズを少しダウンさせて、更に軽いモデルが出てきてくれると、より輪行しやすくなるのですが、折りたたみ時のサイズ、重量共に最小で一番輪行しやすく、価格も安いDE01が現状のベストチョイスでしょう。