なりなり日記

IT関係、テニス、トレラン、自転車(birdy / BROMPTON / BESV PSF1)の情報を発信中!

パンクせず空気を入れる必要も無いTannus Airless Tire


スポンサーリンク

こんにちは、なりなりです(^ ^)

facebookでLOROスロースポットでBROMPTONをノーパンクタイヤに換装中という投稿を見つけました。

BROMPTONをノーパンクタイヤ化なんて出来るのか!

しかも、LOROが扱ってるということは、それなりの品質なのだろうと思って調べたところ


絶対にパンクしないタイヤ「Tannus」
今、ノーパンクタイヤといえば、Tannusを指す様です。

特に重く無いというより、むしろ軽いし、相当するタイヤ圧も普通っぽい。

タイヤサイズも各種ありますが、オリジナルのタイヤサイズと同じに出来るとは限らず、リムサイズに依存する様です。


GIANT ESCAPE R3にノーパンクタイヤ「タンナス」装着! – csn-diary

例えば、オリジナルが700x28CのESCAPE R3は700x23Cになるとか。

奥さんのお買い物自転車になったESCAPE R3は、数週間に一度の空気入れが面倒だから、パンクしたら装着してみよう。

そう遠く無いうちに、

  • 奥さんはDaytona DE-01
  • 僕はBROMPTON

を購入することになると思うのですが、BROMPTONはリアタイヤの脱着が大変だし、DE-01のリアも少なくともクイックじゃないし。

2台とも初めからTannusにしてしまった方が良さそう。

特に問題無ければ、birdyも替えてしまうかもしれません。

パンクは大抵年に一度もしませんが、それに備えてチューブとポンプを携行しなければならないのが面倒ですから。

birdyの様な小径車はロードバイクと違ってタイヤをリムから外すのが大変だとも聞きますし。