なりなり日記

IT関係、テニス、トレラン、自転車(birdy / BROMPTON / TRANS MOBILLY)の情報を発信中!

【birdyとTRANS MOBILLYで行こう!】小豆島・高松輪行旅行③ 二十四の瞳映画村とオリーブ公園と中山千枚田


スポンサーリンク

こんにちは、なりなりです(^ ^)

【birdyとTRANS MOBILLYで行こう!】小豆島・高松輪行旅行① サンライズ瀬戸と小豆島フェリー - なりなり日記

【birdyとTRANS MOBILLYで行こう!】小豆島・高松輪行旅行② 寒霞渓のヒルクライムと絶景 - なりなり日記

さて、小豆島2日目です。


全体像を撮り忘れましたが、朝食もバイキングです。早めの昼食を取るつもりなので控えめで。

二十四の瞳映画村へ

8:30頃ホテルを出発。




自転車NAVITIMEの推奨ルートがこちら。








海岸線の249号をひたすら進みます。ここは多少のアップダウンは有りますが気持ちよく走れます。

眺めは最高だし、島内全般ですが車も少ないです。

二十四の瞳発祥の地 岬の分教場











映画村の少し手前に、二十四の瞳のモデルとなった分教場が残っていて、映画村とのセット券で見学出来ます。

「さわらないで」と書かれているもの以外は触っても大丈夫な様なので、椅子に座ってみてください。もちろん、常識の範囲で。

小1の椅子なんてちっちゃいですよー

目の前には土産物屋とカフェスペースも有りますが、今回は見学だけしました。

二十四の瞳映画村


9:20頃に映画村に到着。





二十四の瞳の映画は古いですね。高峰三枝子のは僕でも見たことはなく、田中裕子のは見たかもしれません…








見るべきものがそんなに沢山あるという訳でもないのですが、素晴らしい眺めです。





分教場のセットはモデルとなった分教場とは微妙に作りが異なります。



「八日目の蝉」の主人公が保護されるまで住んでいたのが小豆島で、小学校のロケでも使われたそうです。

思わず家に帰ってからNetflixに無料体験加入して見てしまいましたが、何とも切ない映画ですね。



ここの素麺を早めの昼食にしようと思っていたのですが、素麺はまだ提供時間前だったので





醤油サイダーフロートを頂きました。醤油と聞いているから醤油と分かりますが、ドリンクはコーラっぽく、フロートはキャメルの様で美味しかったですよ(^_^)

今日はまだまだ行きたいところがあるので、この辺で映画村を後にしましたが、ロケーション最高で食事も撮れますから、時間さえ許せば一日中ボッーと過ごせます。

渡しに乗ってオリーブ公園へ




自転車で249号を戻る予定でしたが、来る途中で会ったおっちゃんが渡しの存在を教えてくれました。

「映画村からオリーブ公園まで、わたしなら真っ直ぐ行けるよ」
「何故私なら?ああ、渡しですか^^;」

なんて会話で。





自転車も乗れることになっているのですが、普通の小さな船なので定員は限られます。

折りたたみなら4台行けるでしょうが、ロードバイクは2台が限界でしょうか。

まあ、ロードバイクは走ってください!

電動アシストのシェアサイクルも2台積めるでしょうが、あれは重いから積み下ろしが大変かも。








15分ほどで対岸のオリーブ公園すぐ近くに到着。超ショートカットできました!

オリーブ公園(道の駅)を散策

向かって右にオリーブ公園、左はオリーブ園と名前からは違いの分からない二つの施設がほぼ隣接しています。



オリーブ公園の丘からの眺め。小豆島は何処からの眺めも良いです。



ここは魔女の宅急便実写版のロケ地だったようで、記念撮影用の箒が無料貸し出しされています。





せっかくなので僕らも。
こういうのはスマホの連写が便利ですね。iPhoneのバーストモードならバッチリ!



ここではオリーブソーダフロートを。これもサッパリして美味しい(^o^)

中山千枚田へ

11時半頃にオリーブ公園を出て、436号で一峠越えて、252号でもう一つ峠を越えます。




1つ目はさしてキツく無く、2つ目の千枚田直前の峠は中々です。寒霞渓山麓駅手前ほどではありませんが。

ここでもTRANS MOBILLYはアシストが効いたり効かなかったり…

中山千枚田に着いたのが12時半です。






小豆島の中山千枚田にサイクリング

僕らは千葉の大山千枚田を見ているので違いは大して感じませんでしたが、中々の広大な千枚田です。

こういうのを見ると、お米は大切に残さず食べないとね、なんて思います。


予定では
こまめ食堂 - 小豆島町その他/カフェ [食べログ]
こまめ食堂で昼ごはんの予定でしたが、「疲れたので休みます」的な張り紙が…

マジか。他に食事処は無いのか駐車場案内のおっちゃんに聞いてみましたが、何も無いとのこと。

仕方ないのでシェアサイクルの駐輪場に自転車を留めて、少し散策して終わりにしました。

駐車場案内のおっちゃんには土庄か池田に向かうことを勧められましたが、同じルートでオリーブ公園に戻ることに。

創作料理 野の花でランチ




昼食は行く途中に見えていたお洒落なカフェ風の「創作料理 野の花」で。

創作料理 野の花 //nonoka//




オリーブ夢豚とオリーブ牛のひしお丼を頂きました。

中々美味しいかったし、店の雰囲気も良いです。

オリーブ園で寄り道







せっかくなので、行きはパスしたオリーブ園にも寄ってみます。

オリーブの木をまじまじと見る機会も普段無いですしね。せっかくならオリーブの実がなっているところを見たかったですけど。

ここでも食事を摂ったりお土産を買ったり出来ます。

ホテルでの夕食

2日目の夕飯はバイキングではなくコースを予約していました。











左が鮑の酒蒸し。柔かーくて美味しい!久しぶりの鮑でした。
右はオリーブ牛のステーキ。これが驚きの柔かさ!ステーキというよりシチューじゃないかと思うくらい柔らかくて美味しかったです。




和風でヘルシーな料理が中心で、量が多過ぎずちょうどいい。

丁度良さは人それぞれかもしれませんが、男性でも食べきれない量を盛ってくる宿も多いですが、ここはそうではありません。

景色も温泉も良くて、特にコースのディナーが最高でした。

今度小豆島に来る時も、ここに泊まると思います。


最終日の高松でのうどん巡りと帰宅に関しては、こちら!

【birdyとTRANS MOBILLYで行こう!】小豆島・高松輪行旅行④ 高松うどん巡りしてマリンライナーと新幹線で帰宅 - なりなり日記