読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

TOPEAK(トピーク)のフロアポンプ ジョーブロー スプリントを購入

サイクリング REVOLT1 ESCAPE R3

スポンサーリンク

こんにちは、なりなり@narinarissuです(^ ^)


本来、一番始めに買うべきものだったかもしれませんが、ようやくフロアポンプを購入しました(^_^;)


5,800円くらいです。


f:id:narinarissu:20160521155101j:plain:w600


f:id:narinarissu:20160521163658j:plain:w600

アルミ合金シリンダーにスチールベース、お高いだけあって、しっかりした作りです。


f:id:narinarissu:20160521163856j:plain:w600

ベースは鉄剥き出しなので、使う場所は選びます。車体を室内保管の人は、ポンピングも室内でしたりするのだろうか??

このベースは、室内で使うのは厳しい。床が傷だらけになります。 


f:id:narinarissu:20160521175331j:plain:w600

ハンドルにストッパーが付いているので、ハンドルを持って持ち上げた時に、ベローんと伸びてしまうことがありません。


f:id:narinarissu:20160521164139j:plain:w600

PSI(pound-force per square inch, lbf/inch^2)とbar(=100kPa)の2つの目盛りがふられたメーターが高い位置に有ります。

外側のダイヤルを回して、黄色い矢印をターゲット空気圧に合わせてやると、一層入れやすいです。


自転車も発祥がヨーロッパなのでポンド系の単位を使うんですね。テニスラケットもそうか。

barも昔はmbar(ミリバール)が天気で使われていましたね。今は、hPa(ヘクトパスカル)ですけど。

つまり、1mbar = 1hPaなので1bar = 100kPaです。


f:id:narinarissu:20160521171312j:plain:w600

メーターの横にエア抜きボタンが付いてるので、空気圧調整が簡単です。

エア抜きボタンが無いと、入れすぎた時にヘッドを外さなければなりませんし、メーターから離れた位置にボタンが有っても使いにくいですよね。


f:id:narinarissu:20160521171425j:plain:w600

米式、仏式両対応ヘッドもしっかりした作りです。ヘッドの固定時に力を入れるレバーは金属製です。


f:id:narinarissu:20160521171556j:plain:w600

実際に空気を入れてみましたが、とても入れやすかったです。

REVOLT1だと60PSIくらいしか入れませんので、ESCAPE R3に100PSI入れましたが、やはり楽々入りました(^-^)


f:id:narinarissu:20160521171812j:plain:w600

バルブへの挿抜は軽く、レバーを引くことでしっかり固定されます。

強いて問題点をあげるとすれば、このレバーを戻すときに、結構勢いよく戻るので、指を挟まないように注意すべきということです。


トピークのポータブルポンプ ミニモーフGを購入 - なりなり日記

こちらのポータブルポンプは抜き差しは硬いし、エア抜きも出来ないので、使い勝手に雲泥の差が有ります。


5,800円もしましたが、使いやすく、作りもしっかりしているので満足感です(^-^)


http://topeak.jp/pump/top.htmlTOPEAK トピーク [ PUMP ポンプ ]

ちなみに、トピークのポンプはこれでもかと種類があるのですが、メーターが上に付いてる物に絞ると、他の候補は... 


ワンランク上の「ターボ」は、スチールベースの裏表にラバー加工されているようで、滑りにくいことくらいしか違いは無さそう。

屋内で使うとか、床を傷つける心配をするなら、ターボの意味も有るかも。

その代わり、少し高くなって6,600円ほど。

素人が買うポンプとしては、これが上限だと思います。


下のグレードの「レース」は

  • シリンダーがアルミでなくスチール
  • シリンダーが細身でポンピングが軽い代わりに、回数は増える
  • ベースがスチールでなくプラスチック

といった、結構な違いが有ります。

その代わり、3,600円ほどとお手頃。


この三つから選べばいいのではないでしょうか。