なりなり日記

IT関係、テニス、折りたたみ自転車(birdy / BROMPTON / BESV PSF1)、N-WGNの情報を発信中!

武漢コロナウィルスへの対策を怠り、多数の国民を死に至らしめ、経済を大混乱に陥れた安倍内閣を忘れない


スポンサーリンク

こんにちは、なりなりです(^ ^)

実は僕、昨日まで5日連続37度を超える発熱が続いていました。会社は3月末からテレワーク続きでしたが、昨日、一昨日は休暇としました。

しかし、熱以外に

  • 喘息の持病がある
  • ドロっとした鼻水は出る

といういうだけで、

  • 呼吸器系に異常無し
  • 喉の痛みなども無し
  • 帰国者ではなく、感染者との接触の認識が無い

ことから、川崎市の帰国者・感染者相談センターでは相手にされず、かかりつけ医に相談してくれとのこと。

PCR検査に回して貰えそうな病院のリストは持っておらず分からないとのことだったので、自分であたりを付けて予約しました。

結局は「帰国者・感染者相談センター」という名前の通りの対応が続いているようです。


日本って確か先進国なんだよね?やっぱ、安倍内閣って馬鹿の集まりなんだな、全員感染して死ぬ思いをすれば良いのにと思いました。





2019年11月22日に中国の武漢で発生した新型コロナウィルスは、中国の最高指導者 習近平とWHO事務局長ペドロス(エチオピア)の共謀によって、隠蔽、過小評価の上で全世界にばら撒かれ、既に24万人以上の命を奪いました。

ペドロスは今後、出身国のエチオピアやアフリカ諸国から何十万人の死者が出た場合に、何と言って詫びるのだろうか。

いや、詫びないか。アフリカは人口過多だから減らそうとか?

これから壊滅的状況に陥っていく故郷にはもう帰れないし、友人にも会えないでしょうね。帰ったら命の保証が無いだろし。


国内感染を拡大させた主犯は、春節という一時の経済効果を優先して感染した中国人を国内に呼び込み、5ヵ月以上経っても、ろくな政策を打ち出せず、世論や知事の数ヶ月遅れの後追いしか出来ない安倍内閣であることは明白です。

この状況で、未だに安倍内閣支持率が40%近くもあるという、世界的には有り得ない状況ですが、NOと言えない国民性が、この無能な安倍内閣を延命させている元凶であることは間違い無いです。


困難な時に批判をしてはいけないと言う人がいますが、安倍内閣は誰かにしつこく言われたことしか出来ませんし、支持率が下がらなければ行いが悪いとは思わないのです。


日本を大混乱に陥れた、第4次安倍第2次改造内閣を忘れてはいけません。

以下、内閣構成一覧です。


第4次安倍第2次改造内閣 閣僚等名簿 | 首相官邸ホームページ

内閣総理大臣 安倍 晋三

じっちゃん(母方の祖父、岸信介)の悲願、憲法改正を果たすのが最大の願い。おそらく幼い頃からの母親の教えであろう。

森友学園問題、加計学院問題、桜の会問題など様々な疑惑を文書改竄、破棄、証拠隠蔽でひた隠し、悪いことをしても絶対謝らない。

明らかな自分の非を指摘されているのに、にやにや笑いながら「この馬鹿、何言ってんの?」と言った風に相手を見ている様には背筋が寒くなります。

証拠隠蔽に関わることを強要され、罪の意識から自殺者が出ても何とも思いません。

一種のサイコパスと思われます。

挙げ句の果ては、お友達の黒川弘務東京高検検事長の定年延長を閣議決定しました。

しかしこれは、自分が黒であることを世に公表した様なものです。

首相退任後の自身の逮捕を回避するために必死だったと。

危機管理に優れると勘違いされていたが、それは自身を守る時の場合であり、武漢コロナウィルス騒動の結果、国民を守るための危機管理能力は皆無であることが露呈しました。

  • 春節という一時の経済効果を優先して中国の感染者を国内に多数向入れて、北海道などの観光地を危機に陥れた
  • 国民や専門家の意に反して、横浜港ダイヤモンドプリンセス乗船者の陰性者を公共交通機関で帰宅させて、全国にウィルスをばら撒いた
  • 習近平とペドロスの策略に乗り、多数の外国からの感染者入国を許した
  • 自ら決断したのはアベノマスクの配布のみ


これだけの大罪を犯しても、40%近い支持率を得続ける、世界でも稀な民主国家の指導者です。

僕は韓国が大嫌いですが、彼の国の大統領がこの様なことをしていたら、とうに解任の上で逮捕、投獄されているであろうと思うと羨ましいです。朴槿恵は安倍より悪くないでしょう。

戦後最悪の総理大臣ではないでしょうか。

因みにアベノマスクは安倍総理が毎日使っており、相当数のサンプルが納入されているはずであるが、着用している閣僚は、最近になって一人いたくらいです。

アベノマスクは子供用サイズのため常人では会話をすると鼻や口が出てしまうが、安倍総理は微動だにさせない高度な技術をお持ちである。

凄い。是非国民に伝授頂きたい。

アベノマスクは今年の流行語大賞ノミネート間違い無し。

日本語教育をあまり受けなかったのか「募ってはいたが募集はしていない」などの常人では理解不能な言葉を度々発する。

国政ではやりたい放題だが、妻の昭恵は制御不能。

いくら資産家の娘でも、頭が悪すぎて短大に入学することも出来なかった人と結婚したのは一生の不覚。

もはや、マリーアントワネットかイメルダかといった感じで、日本からはファーストレディという言葉無くして欲しいと切に願います。

副総理、財務大臣 麻生 太郎

元総理大臣。

性格が曲がっているから顔、口が曲がったのか、その逆かはよく分かりませんが、かなり曲がっています。

母方の父親は吉田茂元総理という、安倍と同類の生い立ち。性格のかなり異なる2人だが通じるものが有るのかもしれない。

べらんめい口調でしか会話の出来ない、田舎の会社社長のボンボン。

社会人として基本的な会話や人間関係を築く能力が無く、常に周囲の人間をイラつかせる。

彼も一種のサイコパスと思われます。

大物ぶって上から目線で話すことによって自分の優位性を保つのに必死であるが、総理大臣になったことが唯一の自慢である。

幾度もの暴言失言を繰り返しても副総理を続けているのは、総理の弱みを握っているからと思われる。

安倍家、麻生家の親の教えがおかしいのか、生まれながらのサイコパスなのか不明ですが、サラブレッドの家系に問題が有りそうです。

この2人の子供が政治家になるにせよ、どこかの会社のお偉いさんになるにせよ、怖いですね。

総務大臣 高市 早苗

女性。

法務大臣 森 まさこ

元歌手の森昌子ではない。

法務大臣でありながら法律をよく知らないが、自民党ではいつものこと。

派閥の理論で順番に繰り上げ、女性も混ぜて人数を決める。ポジションは何となく決める。

自民党ではこれを「適材適所」と呼ぶ。

安倍に頼まれれば、閣議決定を口頭のみでしてしまうという、恐ろしいおばさん。

頑張ってるのは厚化粧と安倍擁護のみで、まだ自分が勝ち馬に乗っていると思っている。

外務大臣 茂木 敏充

外務大臣なのに存在感無し。

文部科学大臣 萩生田 光一

幹事長代行時に、カジノ業者からの超VIP待遇で、夫婦でマカオを豪遊した。

目立たず進めていた共通テストでの英語民間試験導入が、自身の「身の丈」発言で無期延期になった。

典型的な自民党議員。

厚生労働大臣 加藤 勝信

コロナウィルス騒ぎの割には影が薄い。

5/8の閣議後会見で、「37.5度以上の発熱が4日以上」などの新型コロナウイルス感染に関する相談・受診の目安を見直す考えを改めて示し、感染の疑いがある場合は必ず受診するよう呼び掛けた。

たったこれだけの判断をするのに、3ヵ月弱も要した無能な政治家。初めからやれ。

しかも当初示したのは「目安」であったのに、国民が「基準」であると「勘違い」したと責任転嫁した。

お前は阿部か。

農林水産大臣 江藤 拓

知らない人。

経済産業大臣 梶山 弘志

知らない人。
梶山静六のおぼっちゃまだと今知りました。

国土交通大臣 赤羽 一嘉

知らない人。
趣味はラグビー by Wikipedia。

環境大臣 小泉 進次郎

小泉元総理のイケメンおぼっちゃま、おばさんのアイドルだったが、滝川クリステルの魔力に落ちた。

小泉幸太郎の弟。

サラブレッドではあるが、安倍、麻生と違ってサイコパスではない。

実行力は無いが、環境問題をセクシーに解決すると世界に発信する度胸は満点。

総理候補と言われていたが、大臣就任後、口が上手いだけの馬鹿だとバレて注目低下。

まだ若いのでこれからの頑張り次第でもあるが、幸太郎くんの方が賢そうだ。

別名、ポエム大臣。

防衛大臣 河野 太郎

自民党総裁でありながら総理になれなかった初めての人、河野洋平のおぼっちゃま。

自民党には珍しく諸外国にものを申すが、いかんせん喧嘩っ早過ぎる。

お父ちゃんの悲願、総理大臣を目指しているのでしょうね。

内閣官房長官 菅 義偉

この写真は笑顔だが、こんな顔はまずしない陰気なおじさん。

平成おじさんの小渕元総理にあやかって、次期総理を目指していた令和おじさん。

かつては安倍総理の恋女房であったが、目立ち過ぎた故に嫌われ、現在は閣内別居中。

安倍内閣が完全な泥舟であったことに気付き後悔しているが後の祭り。

ただの辛気臭い顔のオヤジとして消えていく定。

決め台詞は「ご指摘には当たりません」。これを繰り出せば野党も記者も黙ると思っている。

その他

雑魚キャラの写真は省略。

復興大臣 田中 和德

国家公安委員会委員長 武田 良太

一億総活躍担当 衛藤 晟一

情報通信技術(IT)政策担当 竹本 直一

経済再生担当 西村 康稔

美容院を休業対象とした小池都知事と戦ったり、常に先行く大阪府知事に噛み付いたりする身の程知らず。

内閣府特命担当大臣 北村 誠吾

東京オリンピック担当 橋本 聖子

元オリンピアン