なりなり日記

IT関係、テニス、折りたたみ自転車(birdy / BROMPTON / BESV PSF1)の情報を発信中!

東京マラソンの一般参加取りやめと東京オリンピックが中止されたらチケットはどうなる?問題を考える


スポンサーリンク

こんにちは、なりなりです(^ ^)

東京マラソンの一般ランナー の参加が取りやめになり、プチ騒ぎになっていますね。

マラソンなんてしたこともない芸能人がしたり顔で発言したりして。

僕自身は、テニスやサイクリングの方が楽しくなってマラソン自体をやめてしまったのですが、それ以前に、東京マラソンは10回連続で抽選漏れして嫌ないなってしまい、申し込みもしなくなっていました。

東京マラソンが高いという人がいますが、横浜や京都も変わらないです。大阪、神戸は少し安いですけど1万円はします。1万円を下回るのは、それ以外の小規模や地方の大会です。

東京が高いのでは無く、マラソン大会は参加費が高いのです。マラソン大会開催で儲かるなんて話は聞いたことがなく、むしろ持ち出しだとしか聞かないですけどね。実際参加していると運営は大変そうだということは想像が付きます。

とは言っても、参加する側からすると高いっちゃあ高い。マラソンを辞めたのは、大会参加費が高いことも一因です。年に数回参加すると数万円が消えますから。

横浜マラソンなどが台風で中止になっても払い戻しが無かったことを知っていたので、東京マラソンの払い戻しが無くても、まあそうだろなとしか思わないし、エリートランナーは東京オリンピックの選考会になっているからやるわなと思うのですけど。


東京マラソン2020に参加予定のランナーの皆様へ | 東京マラソン2020

東京マラソン財団からの正式な通知はこちら。


東京マラソン2020記念品の発送について | 東京マラソン2020

記念品は送付されることが発表されています。


新型コロナで中止となった東京マラソン 「返金ナシ」となった懐事情 - ライブドアニュース

東京マラソンの「参加料」はなぜ返金されないのか | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン

払い戻しが無いことに関しては

  • 準備段階でほぼお金は使ってしまっているから財団にお金は無い
  • 返金するとすれば保険を使うしか無いが、今回の中止というか一般ランナーの出走取りやめが保険の支払い規定外である

というのが筋が通った推測なのですが、

  • それならそういうことだとハッキリとした説明する
  • 中国人からも来年の参加費を取ることに変更する

これらの対応が不足していることが憶測を招いています。規約通りなんてお役所的説明をしても、ウイルスによる一般枠だけ中止の場合なんて書かれていませんから納得しない人は多いでしょう。

こういう時こそ、小池さんの鶴の一声でバシッと明確に説明すべきですよ。ここで逃げちゃダメ。小役人には無理です。

桜を見る会問題でポンポン痛くなって何も決められなくなってるグダグダの安倍総理との違いを見せるチャンスです。

特に、コロナウィルスの発生と世界拡散の犯人である中国人を優遇するなんて有り得ない対応です。それじゃ安倍総理と同じ。

東京オリンピックへの影響

JOCは東京オリンピック中止は有り得ないと主張していますが、「有り得ない」訳がありません。

新型コロナウィルスに関しても、人人感染は有り得ないとか、2次感染は有り得ないとか、毎度毎度無脳な医師が「有り得ない」発言をしてきて、有り得たじゃないですか。毎度思うのですが、医学的見地なんて、単に過去に起きたか起きていないかというだけの話なので、未来を見通せる気になっているのが不思議です。

鳥や豚のインフルエンザだって、種の壁は越えられないだの何だの、能書き垂れて間違ってましたよね。

話がそれましたけど、安倍内閣が習近平に気を使って春節前に中国人の入国禁止や中国との空路を遮断しなかったという大きな過ちを犯した結果、新型コロナウィルスは日本中に広がってしまい、ダイヤモンドプリンセスから下船したコロナウィルス感染予備軍の500人が全国に放たれてしまいました。

この2つの過ちは世界的に報じられているだろうから、IOCは勿論、世界中のアスリートが「日本はヤバイ。こいつら機器管理能力が無い。」と認識したでしょう。特に、オリンピックはただのお祭りだと思っている、ゴルフやテニスをはじめとするプロのアスリートは、既に参加辞退を視野に入れていると思います。

安倍や菅は「ご指摘にはあたりません」とロボットの様に繰り返していれば済むと思っているのでしょうが、それで済むのは国内だけ。それもそろそろ限界でしょう。人から指摘を受けて真摯に対応できない人は、反省できない人。反省できない人に成長は無い。

もう完全に「悪夢の安倍政権」ですよ。安倍総理の危機管理能力や決断力の無さは致命的です。


オリンピックのチケット払い戻しに関しては

東京2020チケット購入・利用規約|東京2020オリンピック 公式チケット販売サイト

第39条(セッションの中止)
1.当法人は、自らの裁量により、セッションを中止することができます。なお、サーフィンに関しては、波の状態等の事情により競技の全部または一部が開催されない場合であっても、関連のフェスティバルイベントが開催される限りにおいてセッションが中止されたものとはみなされません。
2.セッションが中止される場合には、当法人は、合理的な範囲でチケット購入者に事前に中止の旨を通知するように努めますが、セッションの中止に関する情報は東京2020大会組織委員会の公式ウェブサイトにおいて確認することができますので、チケット保有者は責任をもってセッションの中止の有無をご確認ください。当法人では、セッション開始前にチケット保有者にセッションの中止の連絡が行なわれることは保証しません。
3.セッションが中止された場合は、チケット購入者は、東京2020チケット規約に従って払戻しを申請することができます。

とされており、中止の場合は払い戻しが保証されています。

無観客試合の可能性を示唆している人もおり、確かに無観客試合という想定外の事態に陥った場合は考慮されていません。

無観客試合は観客からすればセッション中止と同じなので、払戻無しなんてあり得ないとは思いますが。

それに、東京マラソンと違ってオリンピックは巨大な利益を生むのですから、JOCや東京都は勿論、払い戻しの義務はIOCにまで及ぶ話だと思います。そうしないと、オリンピックの存続にも及ぶ問題に発展すると思います。


僕自身は、中止も無観客試合もあり得なくて、1年延期になるのではないかと推測しています。無観客なんて盛り上がらずTVで見ていてもしらけますから、視聴率の低下も誰もが懸念するでしょう。

1年延期にすると東京の次をいつ開催するのかという話が出てきますが、それは予定どおり実施すればいいです。

かつて、冬季オリンピックは夏季オリンピックと同年に開催されていましたが、それは1992年までで、その次が1994年開催で、以降、4年おきに開催されてます。つまり、オリンピックの間隔が4年ではなかったことは過去にもあったのです。