なりなり日記

IT関係、テニス、トレラン、自転車(birdy / BROMPTON / TRANS MOBILLY)の情報を発信中!

【Python入門】iPadでブラウザをコントロールする


スポンサーリンク

こんにちは、なりなりです(^ ^)

今日はiPad(iPhoneも同様ですが)でブラウザをコントロールしてみます。

Chromeをコントロール

ゼロからはじめるPython(49) Pythonでブラウザ自動操縦してカード明細を自動でダウンロードしよう(その1) | マイナビニュース
最近お気に入りのマイナビ「ゼロからはじめるPython」で、PythonでChromeをコントロールする記事がアップされていました。

pip install selenium

でseleniumモジュールをインストールして

pip install chromedriver-binary

でChromeドラーバーモジュールをインストールします。
これによって、chromedriver.exe(macOSでは、chromedriver)という実行ファイルがダウンロードされるということからして、iOSでは使えないっぽいことがわかります。

会社のPCでやってみて、これは便利だなと思ったのですけど。


Downloads - ChromeDriver - WebDriver for Chrome
chromedriverのサイトを見ても、Linux、mac、Windowsしか対応していないことが分かります。



Junoにもインストールは出来てしまうのですが、実行はできません。

Junoで標準ブラウザをコントロールする

webbrowser --- 便利なウェブブラウザコントローラー — Python 3.7.3 ドキュメント
実はPythonには標準ブラウザをコントロールするwebbrowserモジュールが標準で入っているのですが、

import webbrowser as wb
url = 'https://www.narinarissu.net/'
wb.open_new(url)

を実行しても


Trueが帰ってくるだけでSafariは起動しません。



iPhoneでも続きが出来るのは大きな利点ですけど。

pythonista3で標準ブラウザをコントロールする


同じことをPythonista 3ですると、ちゃんとブラウザが開きました。

やはり、JunoはiOSに依存する部分を制御するのは苦手で、Pythonista 3の出番なようです。