なりなり日記

iPhone、IT関係、トレラン、自転車(birdy / BROMPTON / TRANS MOBILLY)を中心に情報発信中!

LORO馬車道(横浜)で折りたたみe-BIKE(電動アシスト自転車) Daytna DE01を試乗


スポンサーリンク

こんにちは、なりなりです(^ ^)

10万円台で輪行も可能な軽量折りたたみe-BIKE(電動アシスト自転車) お勧め6選 - なりなり日記

気持ちはTRANS MOBILLYのULTRA LIGHT E-BIKE 16インチ、安心感ではDaytna DE01の状態ですが、みなとみらいに行けばどちらも試乗出来るため、夫婦で行ってきました。


まずは、TRANS MOBILLYの試乗のために

Import Bicycle Factory 横浜店(本店)|コンセプトショップ|GIC BIKE COLLECTION / ジック株式会社

import Bicycle Factory横浜ワールドポーターズ店に行ったのですが、何と店内での試乗のみとのこと…

それ、試乗って言いませんから(^◇^;)

せっかく、丘公園とか、坂道を試せるエリアにあるのに勿体ない。意味無いので撤収。


すぐそばのカップヌードルミュージアムを楽しんで帰る予定でしたが、時間が早かったので、LORO馬車道へ。

LORO 馬車道|販売代理店|お洒落なアシスト自転車DE01

ここは、Daytna DE01が試乗出来るのです。


店頭に並んでいる自転車が試乗車で、DE01の他に、BROMPTONとbirdyが置かれています。


DE01は1台しか無いので、僕はbirdyをお借りしました。

僕も思っていますが、スタッフさんから「birdyはブレーキが物凄く効くので、注意しないと前に一回転しますよ」と注意されました。

やっぱ、そうですよぇ(^◇^;)


Daytnaのサイトには01Sが有ることになっていましたが、実際には01でした。


ぱっと明らかに見分かるほど、birdyより大きくはないです。





たたんだ状態では、タイヤサイズが違うし、折りたたみ機構的にも、確かにbirdyより一回り大きいです。

僕は試乗出来ませんでしたが、奥さんでも丘公園まで難なく登れましたから、他の大抵の坂は登れるでしょう。

平地ではアシストをオフにしても、ギアを一段下げる程度で普通に走れるそうです。

DE01は50km走れるので、この自転車で走るには十分なバッテリー持ちですが、最悪バッテリー切れになっても、平地なら大丈夫。


但し、普段乗ってる700CのESCAPEと比べると、やはり、路面からの突き上げ感は大きいそうです。

まあ、そりは仕方ない。


LOROのスタッフさんのお話では

  • 特に故障は無い印象
  • 01はワイヤーがちゃちに感じるので01S以上を勧めるが、01が壊れたという話も聞いたことが無い
  • 他に扱っている折りたたみ電動アシスト自転車は、ternのVectronのみ
  • 他の自転車も共通だが、LOROで購入すると、オーナーが変わらない限り、通常5400円のメンテナンス料が生涯無料になら

とのことでした。

自転車は出来ればちゃんとした店で、メンテナンス込みで買った方が良いので、小径車専門店のLOROで生涯メンテ費用無料というのは魅力的です。


問題は、DE01は20インチであることもあって、

  • 折りたたみ時のサイズが大きい
  • 重量が16.8kgある

ということです。

どうしても、 16インチで12.9kgのULTRA LIGHT E-BIKEを試乗して確かめてみたい。

今年始めの14インチモデルリリース後にもワイズロードを始めとして試乗会が開かれていますし、11月サイクルモードも含めてチェックしていきます。

本当は、みなとみらいで試乗出来れば、丘公園への道です登坂能力をチェック出来て良いのですが。