なりなり日記

IT関係、テニス、折りたたみ自転車(birdy / BROMPTON / BESV PSF1)、N-WGNの情報を発信中!

StravaルートがGARMIN Connectに簡単同期できるようになってた!


スポンサーリンク

こんにちは、なりなりです(^ ^)

StravaルートのGarminデバイスへの同期 – Strava サポート

こちら、Stravaのヘルプ&サポートに記載されているのですが、一部が分からなかったので補足を含めて掲載します。

従来は、

  1. StravaルートをGPXでダウンロード
  2. GARMIN Connectで読み込む
  3. GARMIN ConnectでGARMINデバイスにコースを同期

と、ルートごとにGARMIN Connectに読み込ませる必要があったのですが、

  1. StravaでGARMINと繋げる設定をする
  2. GARMINでStravaからのデータ共有設定をする
  3. Stravaで作成したルートをお気に入りにする
  4. GARMIN ConnectでGARMINデバイスにコースを同期

で出来る様になっており、1、2は一度設定するだけなので、かなり簡単になりました。


ウェブ上のGARMIN Connectでは設定場所が分からなかったのですが、Strava、GARMIN Connectそれぞれのアプリ

Strava トレーニング:ランニング&サイクリング

Strava トレーニング:ランニング&サイクリング

  • Strava, Inc.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

Garmin Connect™

Garmin Connect™

  • Garmin
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

で設定できます。



f:id:narinarissu:20201023111622j:plain
f:id:narinarissu:20201023111229j:plain

Stravaは、プロフィール→設定(歯車)→アプリケーション、サービス、デバイスで「GarminとStravaアカウントが繋がりました」にチェックが入った状態にする。



f:id:narinarissu:20201023112211j:plain
f:id:narinarissu:20201023111226j:plain

GARMIN Connectは、詳細→設定→パートナーアプリ→StravaでStravaからConnectにデータ共有でコースを有効にする。

以上で、設定は完了。



f:id:narinarissu:20201023112139j:plain
f:id:narinarissu:20201023112143j:plain

Stravaのプロフィール→ルートで作成済みのルートを表示させてお気に入り設定(星印をタップしてオレンジ色に)するだけです。

既にオレンジ色になっている場合は、一度全て白に変更した後に、GARINN Connectに同期させたいルートをお気に入りに変更すれば、一気にConnectに取り込まれます。



f:id:narinarissu:20201023112211j:plain
f:id:narinarissu:20201023112857j:plain


f:id:narinarissu:20201023112919j:plain
f:id:narinarissu:20201023112917j:plain


f:id:narinarissu:20201023112937j:plain
f:id:narinarissu:20201023112934j:plain

あとは、Connectに取り込まれたルートを、必要に応じてGARIMINデバイスに送信すればOK、或いはお気に入りに設定すれば、Connectとデバイスの同期時に一括送信することも可能です。


現状では、Stravaのルート作成地図が見にくい(駅が見えないなど)ため、GARMINユーザーはGARMIN Connectでコース作成した方がいいですが、過去にStravaで作成済み(特に、無料でコースが作成できた頃にたくさんのルートを作成していた場合)のルートをGARMINで使いたい場合に便利です(^ ^)

一点、Stravaから同期したコースは非公開設定となっており公開に変更することが出来ません。ブログに貼り付けたり他の誰かがインポート可能にするには、一旦複製してから公開モードにする必要があります。


逆に、GARMIN Connectは一度でもGARMINデバイスを購入したことがあれば使用できるので、Connectでコース作成してStravaに簡単同期させたいという方もいらっしゃるでしょうが、それには対応していません。

現状では、

コースの同期 :Strava → GARMIN
走行ログの同期:GARIMN → Strava

となっています。

Stravaは簡単に同期できないどころか、GARMINでは出来る、GPXのインポート機能が見当たらないので、ルート作成のために有料会員になるくらいなら、GARMINデバイスを購入した方が良いと思います。

Stravaに溜め込んだルートを簡単にGARMIN Connectに同期できる様になったことは、Strava有料会員のGARMINへの流出に繋がると思うのですが、どういう思惑でStravaは機能を実装したのだろう。

Stravaの走行ログはGARMINに持って来れないため一方的な流出にはならないことを考えると、GARMINと取引したということかな?