読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

iCharge eco Miniで充電してみる

iPhone

スポンサーリンク

iCharge eco Miniのレビュー その2です。

昨日ご紹介したiCharge eco MiniでiPhoneを充電してみました。

結果、予想通りではありますが、iPhoneのバッテリーがゼロの状態からの充電には苦労します。


f:id:narinarissu:20090516083501j:image
何とか20%までは、充電できました。

その過程は。。。

  1. 満充電のMiniをiPhoneに繋いで、Miniの電源ON!
  2. バッテリー充電が開始されて、iPhoneが起動し始めたところで、Miniの電源が落ちる
  3. Miniの電源ボタンを押すと、再び充電開始
  4. 一分程充電すると、Miniの電源が落ちるを繰り返す
  5. 暫くすると、10秒おきに落ちる様になる
  6. 20分くらい経過し、20%の充電を確認したところで、辛くなって終了


この動きは、三洋電機のKBC-L3Sと同じような感じだと思います。


お勧め外付けバッテリーのご紹介 http://d.hatena.ne.jp/narinarissu/20090505/1241507524
で紹介した各バッテリーの最大出力電流と容量を比較すると。。。

バッテリー名 最大出力 容量
iCharge eco Mini 500mA 750mAh
iCharge eco DX 750mA 1350mAh
KBC-L2S 500mA×2 5000mA
KBC-L3S 500mA 2500mA
FPS220U 1A 2000mAh
FPS440U 1A 4400mAh

iPhoneを充電するには1Aの電流が必要と言われていて、実際にこの1Aが必要になるのは、iPhoneのバッテリーが空になった状態から、起動させるまでで、その後はここまで必要無いらしいです。

出力電流が500mAのL2Sですが、500mAの2出力であるため、内部回路的には1A以上の能力を持っているはずです。

また、750mAのeco DXですが、まっとうな設計者なら、20〜30%のマージンを持たせて設計しているし、更に、iPhoneが要求する1Aというのにもマージンが含まれているため、実力的に、きちんと充電出来るのでしょう。

500mAのeco MiniやL3Sでは、充電に苦労するのは当然と言えます。


iPhoneのバッテリー容量は1800mAh程度と思われます。eco DXで74%充電できましたし、FPS220Uではフル充電しても残量がありましたから。

そうすると、1350mAhのeco Miniでも、25%の充電が出来るはずですが、20%までもっていくのに苦労したのは、最初にiPhoneを起動させるために、少し電力を食われてしまったのですかね。


次回は、iPhoneのバッテリーがある程度残っている状態から、どこまで充電できるか実験してみます!