なりなり日記

IT関係、テニス、トレラン、自転車(birdy / BROMPTON / TRANS MOBILLY)の情報を発信中!

花粉症・アレルギー性鼻炎対策のレーザー治療を受けてみた


スポンサーリンク

こんにちは、なりなりです(^ ^)

このところ2〜3月は花粉症が酷くなってきて、そもそも、昔からアレルギー性鼻炎で一年中、鼻がぐすぐすしていたので、今年は思い切ってレーザー治療を受けてみました。

僕の場合、先週の途中から、何となく花粉症が始まったかなと感じていましたし。

花粉症のレーザー治療とは

レーザー治療は10年ほど前にレーシックを受けているため、それほど抵抗は有りませんが、今回の治療の効果は1年程度しかないのが残念。

花粉症・アレルギー性鼻炎用のレーザー治療は、鼻の粘膜を焼き切って反応を鈍くするものなのですが、しばらくすると細胞が再生して元に戻ってしまうのです。


花粉症にレーザー治療 | レーザー専門総合病院「大城クリニック」

僕が行ったのはここではなく、職場の近くの普通の耳鼻科ですけど。

まずは診断

治療には予約などは必要なく、受付でレーザー治療を受けたい旨を伝えるだけ。

鼻の様子を確認した後、麻酔液を染み込ませた綿を鼻の穴に差し込んで、30分ほど待たされます。

これが、鼻の穴から喉に麻酔液が漏れ出して、呼吸が少し辛いし唾を飲み込めないしで、結構辛い。

ダラダラ出てくる鼻水を拭きながら待ちます。

レーザー治療

片方数分かかったと思います。

鼻の中の特定箇所というより、かなり広い範囲をレーザーでヂリヂリ焼いていきました。

麻酔は完全には効いておらず、結構鋭い痛みが続きました。

もう、涙ダラダラ、何度かクシャミで治療中断も。

治療後

麻酔による喉の腫れは、治療が終わる頃には消えていました。

鼻の穴中のは多少痛いですが、半日でほぼ消えました。

腫れが多少あるのか、軽い鼻炎状態でしたが、朝治療して、夜にはほとんど違和感は無くなりました。

薬を除く治療費は9千700円でした。

薬も処方

安定するのに2週間ほどと言われ、それまでは花粉症の薬などを飲んだ方が良いと言われたので、2週間分の軽めの花粉症薬を処方してもらいましたが、取り敢えず当日は飲むほどではありませんでした。

二週間後に診察に行くので、その頃にまた、花粉症シーズンが本格化する今月末か来月頭、そして来年は治療する必要が有ったかなど、状況報告します(^ ^)