読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

ついに来ましたSoftBank iPhone 5のテザリング解禁!初代iPadとの組合せで速度や使用感を実機検証してみたよ!

iPhone iPad

スポンサーリンク

こんにちは、なりなり @narinarissu です(^ ^)

auでは初めから実現されていたiPhone 5の目玉機能の一つであるテザリングが、本日、SoftBankのiPhone 5でも解禁されました!

テザリング開始の事前準備

My Softbankでのテザリングオプションの申し込みと、キャリアアップデートが必要です。


SoftBankのキャリアアップデートが来てます!テザリング解禁に備えよう! - なりなり日記

こちらを参考にしてください。

テザリングの初回接続時

f:id:narinarissu:20121215085217j:plain:w300

iPhoneの設定のインターネット共有を開くと

f:id:narinarissu:20121215145807j:plain:w300
f:id:narinarissu:20121215085133j:plain:w300

ここが、所謂テザリングの設定画面になります。テザリングする時は、インターネット共有をオンにします。

テザリングには、

  • Wi-Fi接続
  • Bluetooth接続
  • USB接続

が有り、それぞれの接続方法が簡単に書かれています。

通常は速度重視でWi-Fi接続するか、消費電力重視でBluetooth接続するかのどちらかでしょう。

f:id:narinarissu:20121215145551j:plain:w300

Wi-Fi接続のパスワードは、他人に勝手に接続されないように、予め変更しておきましょう!

そもそも、ここでパスワードが丸見えなのは如何なものかと思いますが(^_^;)

Wi-Fi接続の場合

f:id:narinarissu:20121215085848j:plain:w300

インターネット共有をオンにした時にWi-Fiがオフになっていると、この様なメッセージが表示されますので、オンにしてください。

もちろん、モバイルデータ通信はオンにしてください。

iPhone 5やiOS6でのLTE・3G通信ON/OFF設定方法 - なりなり日記

設定方法は、こちらをご参考に!

Wi-Fi接続の場合は、iPhone 5側はこれで準備完了です。要するにiPhone 5は、3G又はLTEに繋がったWi-Fiのベースステーション状態になっています。

あとは、iPadやPCをWi-Fi接続してやるだけです。今回は、初代iPadを接続します。

f:id:narinarissu:20121215090702j:plain:w400

iPadのWi-Fi設定を開くとiPhone 5が見えるはずです。見えなかった場合は、しばらく待つか、Wi-FiをON/OFFしてみてください。

他のベースステーションとは違うマークが右側に表示されていますね。これが、テザリング先を表すようです。

f:id:narinarissu:20121215090918j:plain:w400

f:id:narinarissu:20121215090934j:plain:w400

iPhone 5を選んで、iPhone 5側で設定済みのパスワードを入れてやれば接続完了です。普通のWi-Fi接続と変わりません。違うのは、画面左上に表示されるマークがWi-Fiとは異なることです。

Bluetooth接続の場合

まず、iPhone、iPad共にBluetoothをオンにします。これは共に、iPhoneでは設定の直下、iPadでは設定の一般に有りますから、すぐに見つかると思います。

f:id:narinarissu:20121215091455j:plain:w400

iPad側でBluetoothの項目を開くとiPhone 5が見えますから、これをタップすると

f:id:narinarissu:20121215091654j:plain:w300

f:id:narinarissu:20121215091715j:plain:w400

iPhone 5、iPad双方の画面に、お互いに登録要求が有ることが表示されるので、iPhoneはペアリング、iPadは登録を押します。これで、テザリングが開始されます。

二度目以降の接続

iPhoneがスリープモードの時

Bluetoothは常に電波が出ているようで接続出来ますが、Wi-Fiは電波を止めているようで接続出来ません。

BluetoothとWi-Fiの消費電力の差が現れていますね。

但し、一旦接続した後は、Wi-FiでもiPhoneをスリープにしても問題有りません。

スリープモードでない時

Wi-Fiではパスワード入力不要ですし、Bluetoothもペアリング不要で繋がります。

自宅で速度チェック!

テザリングの速度を測る前に、初代iPadのWi-Fiの速度を確認しておきます。LTEはかなり早いので、Wi-Fiが遅いと、何の速度が見えているのか分かりませんから。

自宅の回線は光回線で、ベースステーションはTime Capsuleなので、802.11aで接続出来ます。iPhone 5で見ていると、調子が良ければ40Mbps出ます。


f:id:narinarissu:20121215092349j:plain:w300

こちら、iPhone 5での測定結果です。40Mbps出ていますから良い状態です。

f:id:narinarissu:20121215092651j:plain:w400

直後に初代iPadで想定したところ、半分の21Mbpsしか出ていませんでした。iPadは初代から802.11a対応なのですが、実効速度的に、iPhone 5を大きく下回るようです。これでは、下手するとLTEよりWi-Fi接続が速度ネックになりそうです(^_^;)

f:id:narinarissu:20121215093353j:plain:w300

幸い?自宅でのLTE速度は5.5Mbpsしか出て居ないので問題無いです。

f:id:narinarissu:20121215093528j:plain:w300

iPhone側はテザリングにしても特に速度に変化は無いですが、この様に、テザリング中であることは、iPhone 5側でもハッキリと分かります。

Wi-Fiはテザリング接続に使っていますから、iPhoneのインターネット接続にWi-Fiを使っていたとしても、自動的に3GかLTEに切り替わります。

f:id:narinarissu:20121215093943j:plain:w400

Wi-Fi接続のテザリングした時のiPadの速度です。iPhone 5で直接接続した時と変わりない速度が出ています(^-^)

f:id:narinarissu:20121215094010j:plain:w400

こちら、Bluetooth接続時です。上下ともに1.5Mbpsしか出ていません。この速度がBluetoothの速度上限のようです。

最も、これでも3Gで考えれば悪くない速度ですから、3G環境でテザリングする時は、Bluetoothで十分と言えます。

LTEが高速な場所で速度チェック!

f:id:narinarissu:20121215144908j:plain:w300

結局、身近な場所で高速だったのは26Mbpsまででした。

f:id:narinarissu:20121215145002j:plain:w400
Wi-Fi接続では23Mbpsと、iPadのWi-Fiの速度限界までスピードが出ています。十分ですね(^-^)

f:id:narinarissu:20121215145113j:plain:w400

Bluetooth接続時には、測定時にたまたま干渉を受けたのか、400kbps程度しか出ないことも有りましたが、概ねBluetoothの限界速度と思われる1.5Mbpsが出ていました。


僕自身は、今後使う予定はほぼ無いので、iPhone 5でのパケット使用量によってはテザリングの解約を考えていますが、使う人にはとても便利ですね(^_^)



検証環境:SoftBank iPhone 5(iOS6.0.1)、初代iPad(iOS5.1.1)