読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

Todo | appigoの多機能Todoアプリがロケーションアラートに対応!

iPhone

スポンサーリンク

Appigoのリマインダーアプリ To Doがロケーションアラートに対応しました。

ロケーションアラートとは、こちら
iOS5.0 | 標準リマインダー(To Do)搭載!場所をトリガーに出来るのが便利だけど… - なりなり日記

iOS5で追加された標準リマインダーアプリが搭載してきた「どこどこについたら、あるいは出発したら、なになにをする」という機能です。

これが便利なため、リマインダーは標準アプリを使ってきましたが、標準アプリは、それ以外の機能が貧弱です。

今回は、標準アプリに無いAppigoのTo Doの便利な機能をご紹介しましょう。

連絡先に登録してない場所をトリガーに出来る

標準アプリは連絡先に登録している場所しかトリガーに出来ませんが、タスクのロケーションアラートをONにして検索キーワードを入力すると、検索結果がピンが置かれます。手動でピンを動かすことも可能です。

もちろん、連絡先からも指定出来ます。

期限切れタスクの数をバッヂ表示出来る

日付指定したタスクが期限切れになると、バッヂに期限切れのタスクの数を表示してくれます。この機能が無い標準アプリだと、カレンダーにスケジュール登録するのと大差無いのです。

タスクを階層化出来る

階層といっても、2階層だけですから、タスクをグループ化出来ると言った方がいいでしょうか。

仕事で考えると、Aというプロジェクトの中に、1,2,3と幾つかのタスクが有ったりするので、そのタスク毎に期限を切って、アラートを出したり、完了したタスクをチェックしたり出来ます。

この機能は、仕事で使う以外は使い道が無いかもしれません。

チェックリストが作れる

例えば週末に買い物に行く予定にしているとして、その時、何と何を買う予定なのか、ひとまとめに管理して、一つ買い物が済む毎にチェックしていく事が出来ます。

同期、バックアップが多彩


  • iCloud
  • AppigoのToDo Online
  • Dropbox
  • Toodledo

と、4種類のサービスの同期、バックアップに対応しています。


以上、機能的には不満の無いアプリですが、To Doアプリに450円払うか?そこが一番のネックかもしれません。

でも、これでも安くなったんです。僕が数年前に買った時は、確か1,200円しました!

買った当時は、期限切れタスク数をバッヂに表示してくれる唯一のアプリでした。

検証環境:iPhone 4S(iOS5.1)