なりなり日記

IT関係、テニス、トレラン、自転車(birdy / BROMPTON / BESV PSF1)の情報を発信中!

【birdyで行こう!】「凪のお暇」でも通った「川崎港海底トンネル人道」を通って東扇島へ


スポンサーリンク

こんにちは、なりなりです(^ ^)

27.6 km Road Cycling Route on Strava
今回のルートはこちら。stravaを利用されている方はご参考に。

「凪のお暇」で凪ちゃんがママチャリで行ったと思われる東扇島に行ってきました。





スタートは川崎駅前東交差点、川崎ダイス前です。基本的にはこの道を延々と直進してきます。



ほどなく左手に市立富士見テニスコート。ここは、市内で等々力に次ぐ規模のテニスコートです。



夜光辺りになると、本格的な工業エリアになってきます。
そして、正直、空気もあまり良くないです。川崎全般に空気は良くないのですが、川崎区に入って、海に向かうほど悪くなっていく感じが…

喘息も発症気味になってきてるし。





川崎港海底トンネルは自動車専用道なので側道へ。人道入り口という案内も出てきます。





側道を突き当たったら右へ。すぐに左手に入口の案内が。





階段が3つ下ると歩道が現れます。

只でさえ薄暗くで気持ち悪いのに、「自転車はおりて通行してください」という無機質な感じのアナウンスが、不気味さを倍増させています(^_^;)

なので、トボトボと歩いている気にはならず…

もっとも、行きも帰りもトンネル内に居るのは僕だけでしたけど。



島に出たすぐそばに、島の全体がわかる地図があります。
基本的に行くべきは、西公園と東公園のみ。あと、中央にマリエンが有りましたね。見るのを忘れてしまいましたが。



島内にはここを含めてファミマが3店舗有りました。





西公園基本的に釣り人が来る場所のようです。



凪ちゃんとゴンの思い出の場所は、ここでしょうか。確か、こんなクレーンが映っていましたよね。

ここは釣り人以外はお呼びでない雰囲気なので、早々に退散して東公園に向かいます。



この島には倉庫がたくさん。





東公園には広い芝生の広場があるのですが、ここは要予約のキャンプ場になっているようです。その奥では、今日はフェスが開催されていました。

今日はキャンプどころの騒ぎでは無い様に見えましたが、それでもテントは張られていました。流石にこの予約時に教えて貰った上で、敢えて来ているのでしょう。





右奥に行くと浜辺があるので、珈琲を淹れてしばしまったり。

東公園は釣り禁止となっていて、西公園と完全に棲み分けされています。



更に右奥に進むと、向こう岸は羽田空港なのですが、あまり近くないので、飛行機は小さくしか見えません。


今日のルートは、人道の不気味さと空気の悪さが結構なマイナスです。多分、車でサッと来ると、「ああ、川崎市内にこんな浜辺が有るんだ!」という感動が有るのだと思いますが、自転車でここまで来るまでに、相当マイナス感があるんですよ。

なので、サイクリングとしてはお勧めしません。僕的にはリピート無し。


大田区ホームページ:大森ふるさとの浜辺公園・大森東水辺スポーツ広場
この辺りの浜辺なら「大森ふるさとの浜辺公園」をお勧めします。

ここは海辺ではなく、京浜運河の人口浜なのですが、雰囲気海辺で、ぎり住宅街と工業エリアの境目で空気も普通ですし、カフェなども有ります。

都内のこんなところに浜辺が!という感動も有ります。

東公園よりも少し混んでいて、週末の駐車時は常に満車ですが、自転車で行く分には苦労しません。