なりなり日記

IT関係、テニス、トレラン、自転車(birdy / BROMPTON / BESV PSF1)の情報を発信中!

LINE PayとPayPayのショートカットを作成してiPhoneのウィジェットから起動する方法


スポンサーリンク

こんにちは、なりなりです(^ ^)

ショートカット

ショートカット

  • Apple
  • 仕事効率化
  • 無料
こちら、Apple提供のアプリ、ショートカットを使った、LINE PayとPayPayのウィジェット作成の御紹介です。

まず、それぞれのアプリが

  • LINE Payはウィジェット対応している
  • PayPayはウィジェット対応していない

という違いが有るのですが、LINE Payアプリのウィジェットはセキュリティ向上という理由が有るものの、パスコード入力が必要なため使い勝手が悪いです。

普通にLINE Payアプリを立ち上げた方がいい。



こちらが僕のショートカットアプリを起動した画面ですが、インストール直後は左下の+マークが付いた、ショートカットの作成だけが見えます。

これをタップして





表示された画面の検索窓をタップすると、「コンテンツの種類」の下に「App」が現れるのでタップ





「Appを開く」→「App」の右の選択をタップ





ショートカット作成したいアプリを選択





シェアボタンの右のマークをタップして、ショートカットの名称、アイコンの色やマークを決めることを繰り返します。

僕の場合は

  • LINE Pay
  • PayPay
  • Tポイント
  • ポンタ

を登録してみました。





ホーム画面で右スワイプして編集をタップして、ショートカットをウィジェットとして追加すると使える様になります。

ひとつ残念な点として、ウィジェットに表示されるショートカットが2つまでなことです。

このスクショを撮った瞬間は4つ表示されていたのですが、基本的に2つしか表示してくれないんです…

「ショートカット」をタップするとアプリが起動して全てのショートカットが表示されるのですが…

この辺りはiOSの制約の可能性も有りますが、もう少したくさん表示出来る様にして欲しいです。

そもそも、Appleが提供するなら、アプリでなく、iOSの標準機能として、任意のアプリのショートカットをウィジェットに置けるようにして欲しい。



ロック画面からLINE PayやPayPayを起動するとTouch IDなどの認証が求められるので、セキュリティ的にも問題は有りません。