なりなり日記

IT関係、テニス、トレラン、自転車(birdy / BROMPTON / BESV PSF1)の情報を発信中!

来月のMNPに向けて乗り換え先の格安SIMを比較する


スポンサーリンク

こんにちは、なりなりです(^ ^)

docomoでiPhone 7を購入してから、来月で丸2年、ついに格安SIM(MVNO)にMNPする日がやってきました!

格安SIMにする訳

現状だと、通話しなかった月で

  • シンプルプラン 980円
  • シェアパック5 6,500円
  • SPモード 300円
  • 月々サポート -2,781円
  • 端末代 3,699円

合計 8,698円、税込9,394円ですが、iPhone 7の支払いが終わるので、7,780円、税込8,402円と若干安くなりますが、それでも高いです。

元々、docomoと契約したのは親との連絡が大きな理由だったのですが、当時とは状況が大きく変わりました。

今は、僕、奥さん、奥さんのお母さんの3人を対象に考えるのですが、3人とも格安SIMにするのが経済的であることは明らかです。

しかし、お母さんは

  • 奥さんと毎日の様に通話している
  • キャリアメールが使えなくなるのが嫌

というのが理由で格安SIMにするのを嫌がります。



OCN モバイル ONE|格安SIM・格安スマホ | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

通話に関しては、お互いOCNモバイルONEにしてしまえば解決なのですが、キャリアメールと言われてしまうとお手上げです…

奥さんもどちらかと言うと腰が重いので、僕が格安SIMにMNPしてしまって、自分が主回線になれば、無駄遣いがよく分かるのではないかと思うのです。

どこの格安SIMにするか

格安SIMにする際に問題となるのは

  • 通話し放題プランが無い
  • 昼休み時間帯の速度低下が激しい

この2つが大きいです。

僕の場合、奥さんとお母さんの様に毎日長電話する訳では無いので、気になるのは昼休みの速度低下です。


【19年2月第1週】MVNOの通信速度を一斉調査!格安SIM速度比較ランキング - モバレコ

直近の格安SIMの速度について確認してみると、僕の様に山などの人口が少ない地域での使い勝手を無視出来ない場合はソフトバンク回線を使う格安SIMは対象外なので、やはり、

  • UQモバイルがダントツNo.1
  • BIGLOBEのタイプAがNo.2

という状況が少し前から変わっていません。

UQモバイルはauのサブブランドですし、BIGLOBEもau傘下ですから、競走として不公正なのかもしれませんけど。

UQモバイル

何と言っても、昼休みの速度最優先ならUQモバイルで決まりです。

表示料金は全て税別です。

通話料込みプラン


おしゃべりプラン・ぴったりプラン│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)

プランS

  • 1年目 月額 1,980円
  • 2年目 月額 2,980円
  • データ容量 3GB/月
  • 通話 5分かけ放題、又は60分/月

プランM

  • 1年目 月額 2,980円
  • 2年目 月額 3,980円
  • データ容量 9GB/月
  • 通話 5分かけ放題、又は120分/月

プランL

  • 1年目 月額 4,980円
  • 2年目 月額 5,980円
  • データ容量 21GB/月
  • 通話 5分かけ放題、又は180分/月


通話料別プラン

その他の料金プラン│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)

  • 月額 1,680円
  • 通話料 20円/30秒

月額通話料は

  • 30分 1,200円
  • 60分 2,400円
  • 120分 4,800円

となりますから、それなりに通話をしてしまうと、どんどん割高になっていきます。


3GBでは少し心許ないので、通話料込みMプランが丁度いいという方が多いのではないでしょうか。


UQモバイルは

  • 通話が電話回線、かつ、アプリなども使わないため、品質が良い
  • 回線速度の低下が少ない

という特徴がある代わりに、格安SIMとしては少し割高となります。

BIGLOBE タイプA

料金プラン|格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル

料金一覧はこちら。

この中で一番なのが6GBのプランで、UQモバイルのMプラン相当の9GBプランは有りません。

この様に格安SIMのプランは直接の競合を避けている場合が多いです。

6GBのプランでは

  • 月額 2,150円
  • 通常通話料 20円/30秒

となり、今なら半年間1,200円引きとなっています。

但し、IP電話ではなく電話回線ですが、途中をキャリアでない外の回線を使うことによって通話料を低くできるBIGLOBEでんわのアプリを使って通話料を節約出来ます。

BIGLOBEでんわ通話料

  • 通常 9円/30秒
  • 通話パック60 60分 月額600円
  • 3分かけ放題 月額600円
  • 通話パック90 90分 月額830円
  • 10分かけ放題 月額830円

とお得なだけでなく

かけ放題と通話パックが選べる BIGLOBEでんわの通話オプション|格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル

月末になって通話が多かった場合に、月初の利用まで遡って、かけ放題や通話パックを適用出来るのが大変便利です。

少なくとも通話パックを申し込んだ方が得なのか損なのかは、月末に確認出来ますよね、その時点で得なら申し込めば良いということです。


BIGLOBEでんわの仕組みは、楽天でんわと同じです。

僕は楽天でんわが始まった当初に使ったことが有りますが、IP電話よりは安定しているものの、ノイズが多かったのですが、BIGLOBEでんわはどうなのでしょう。

【お知らせ】BIGLOBEモバイル「BIGLOBEでんわ」サービス変更について:BIGLOBE会員サポート

BIGLOBEでんわは、携帯相手だと通知、固定相手だと非通知だったようですが、2018年4月1日から通知されるようになったようです。

安くても非通知は使いにくいですからね。

どちらにするか

UQモバイルならプランMにして

  • 1年目 月額 2,980円
  • 2年目 月額 3,980円
  • データ容量 9GB/月
  • 120分/月

にします。

2年目の3,980円は少し割高にも感じますが、120分/月という僕には十分な通話時間を安定した品質で使えるのは安心です。


BIGLOBEなら

  • 月額 2,150円(半年間は950円)
  • デー容量 6GB/月
  • BIGLOBEでんわ通話料 9円/30秒

として、月末の通話料次第で

  • 通話パック60 60分 月額600円
  • 通話パック90 90分 月額830円

を適用します。


BIGLOBEの方が明らかに安いですが

  • 6GB/月は不足は無いけどギリかも
  • BIGLOBEでんわの通話品質が少し心配

ですし、安いと言っても月千円程度なので、UQの安心感を選ぼうかな。

UQでもdocomoを使い続けるより、1年目が月々4,800円、2年目でも3,800円の節約になります。

つまり、1年目5万7,600円、2年目4万5,600円、2年間で10万3,200円の節約になりますから、iPhoneなどを2年おきに買い替えるならキャリアで契約するのと同じ、3年、4年と使い続けるなら、その分お得になります。

もはやスマホは1年や2年で買い替えるものではありませんから、格安SIMにするのが正解です。

僕は来年も買い替えないと思います。

その代わりに、Apple Watchを買うかもしれませんし、BROMPTON貯金を積み増しするかもしれません。