なりなり日記

iPhone、IT関係、トレラン、自転車(birdy / BROMPTON / TRANS MOBILLY)の情報を発信中!

ウィルソンが「しなる」けど「安定」したパワーの出せるテニスラケット「CLASH」発表!


スポンサーリンク

こんにちは、なりなりです(^ ^)

#ウイルソンの革命 - CLASH(クラッシュ) | ウイルソン スポーティンググッズ オフィシャルサイト

ウィルソンからULTRAより安定していて、BLADEよりしなる「CLASH」が発表されました。

一般的には、コントロールと柔らかいフィーリング(しなり)は両立しないと言われていますが、CLASHでは、それを実現したそうです。

(ULTRA + BLADE) / 2ということでしょうか。

その割に、デザインは(PRO STAFF + BURN) / 2になっていますけど…


CLASHは「しなる」けど「捻れない」ことによって、コントロールと柔らかフィーリングを実現したのだそうです。

しなるけど捻れないという説明からすると

  • ストロークでは左右方向にはブレるが縦方向にはブレない
  • サーブ、スマッシュでは前後方向にはブレるが左右方向にはブレない

ということになりますね。

しなってから戻るまでの時間は一定でしょうから、スイングスピードの速い人からするとしなったままフィニッシュするでしょうし、遅い人は戻ってからフィニッシュなのかもしれません。

しなるラケットをどう感じるかは、スイングスピードによって大きく異なるのだと思います。


CLASHには、100と100TOURが有りますが、スペック上の違いは重さとバランスのみとなっています。

BLADE 98(16x19) CV、 ULTRA 100CV、CLASH 100、CLASH 100TOURのスペックを比較すると

BLADE ULTRA CLASH TOUR
重さ 304g 300 295 310
バランス 32.5cm 32 31 30.6
長さ 27インチ 27
フェイス 98平方インチ 100
フレーム厚 21/21/21mm 23/26.5/22.5 24/24/24
ストリング 16x19


となります。

TOURの310gは他社モデル含めても重い部類で、ウィルソンの中ではPRO STAFF RFに次いで重ですが、バランスはRF並みにトップライトですから、ネットプレイヤー向きと言えます。


素材は

  • ULTRA ハイ・パフォーマンス・カーボン・ファイバー+ バサルト・ファイバー+ カウンターベール
  • BLADE バサルト・ファイバー + カロファイト・ブラック + ブレイディッド・グラファイト+ カウンターベール
  • CLASH ハイパフォーマンス・カーボン・ファイバー + BLX

となっており、CLASHが一番シンプルですが、カーボンファイバーの編み方によって、特性は大きく変わるようで

柔らかいしなるフィーリングを生むために、使用する素材(カーボン)を特殊な手法(カーボンマッピング)で編み上げた“FREE FLEX”を採用

と謳われています。


発売されたら、いつものヴィクトリアで試打してみるつもりです。

さすがに、今年や来年に買うことは有りませんけど^^;