なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、マラソン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

ULTRA LIGHT E-BIKE「TRANS MOBILLY」 16インチの高速化検討


スポンサーリンク

こんにちは、なりなりです(^ ^)

GICの電動アシスト折りたたみ自転車 TRANS MOBILLY ULTRA LIGHT E-BIKEが届きました! - なりなり日記

TRANS MOBILLYの 16インチモデルは、「走りを追求」と謳っている割にはギアが軽すぎますが、うちの奥さんのように、飛ばさず、坂道を楽に登れれば良ければお勧めのE-BIKEです。

でも、しばらく乗ってみて「やっぱ遅いよ」となった時、どうにかなるのか調べてみました。


リアのギア(スプロケット)を探してみましたが、6速タイプでは最小歯数14Tが普通で、せいぜい13Tまでしか有りませんでした。


例えばこれ。



11Tにするには、7速タイプに変更する必要があります。

例えばこれ。


6速、7速の歯数の通常構成は以下の様です。

段数 6速歯数 7速歯数
1 14T 11T
2 16T 13T
3 18T 15T
4 21T 18T
5 24T 21T
6 28T 24T
7 - 28T



7速に増やせば現在の14Tから11Tに減るので、トップスピードは14/11=1.27倍、一漕ぎで進む距離も現在の4.42mから5.62mとなり、26インチママチャリの3段変速程度には高速化できます。

但し、この場合は、シフターも7速タイプに変更しなければなりませんから、費用は1万円では済まないでしょう。


フロントのギア、チェーンリングは58Tまで普通に有りますから、これに変更すれば、58/48=1.20倍、一漕ぎに進む距離も5.34mとなりますが、この場合、ローギアも変わってしまい、一番軽いギアでも現在の2番目より少し重くなってしまいます。

いずれにしても、うちの奥さんが、

  • 今のトップギアでも遅いと感じるのか
  • 軽いギアはどこまで必要なのか

を見定めてからですね。

変更するのは、早くても来春以降になると思います。


TRANS MOBILLYの16インチは、多少の価格アップがあったとしても、6速から7速に変更して、リアのトップギアを11Tにするだけで、魅力が大きく上がると思います。

ママチャリより遅いのが嫌だと躊躇されている方は、購入前にチェーンリングやスプロケットの交換を相談しみると良いと思いますよ(^ ^)