なりなり日記

iPhone、IT関係、トレラン、自転車(birdy / BROMPTON / TRANS MOBILLY)を中心に情報発信中!

TREKからグラベルロードCheckpoint登場!Domaneとの違いは?


スポンサーリンク

こんにちは、なりなりです(^ ^)

グラベルロードと名乗ったバイクが無かったTREKから、2019年モデルとして、グラベルロードCheckpointが発表されました。

正直、グラベルロードは下火の気がしますが、ほぼほぼグラベルロードなDomaneと何が違うのか見てみましょう。

Checkpointシリーズ

https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/バイク/ロードバイク/checkpoint/checkpoint-sl-5/p/1382000-2019/?colorCode=grey

Checkpoint SL 5
¥297,000(税抜)

SL 5はカーボンフレームで105搭載のモデルです。

これがシリーズ最高モデル。やはり、グラベルロードは超上級者が求めていないということなのでしょう。

一般的なユーザーはこれで十二分です。


https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/バイク/ロードバイク/checkpoint/checkpoint-alr-5/p/1381000-2019/?colorCode=greydark

Checkpoint ALR 5
¥213,000(税抜)

フレームはアルミですが、フォークはカーボンで105搭載です。

これでも十分というか、105とはいえ、アルミに20万出すのは高く感じます。


https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/バイク/ロードバイク/checkpoint/checkpoint-alr-4/p/1380000-2019/?colorCode=black

Checkpoint ALR 4
¥185,000(税抜)

コンポーネントをレースに出れるギリの性能と言われるTIAGRAにすれば、更にお安くなります。


グラベルロードなら林道・砂利道・ロングツーリングもバッチリ!10万円台の2016年お勧めモデルを徹底比較! - なりなり日記

僕はTIAGRA搭載のGIANT REVOLT1に乗っていますが、普通に乗るにはTIAGRAでなんの不満も有りません。

僕が検討した時には、TREKにはコミューターバイクという定義のCrossRipしか有りませんでしたが、Checkpoint ALR 4が有ったら、選択は変わったかもしれません。

僕の場合、一番家から近い自転車店がTREKの専門店だったりしますし。

また、Checkpointシリーズの特徴として

シートチューブとダウンチューブ両側にあるマウントで、より多くの荷物と水を運ぶのも簡単に

こう書かれているものの、ALR4の写真では分からないのですが


こちらSL5の写真をみると、ボトルケージが多く取り付けられることが分かります。


ワイヤーがフレーム内を通せるのはカッコいいし、グラベルを走る時の損傷リスクが減ります。

Domaneシリーズ

Domaneはまだ2018年モデル、というか、自転車はモデルチェンジのタイミングが異様に早いですよね。

まだ、2018年3月なんですけど(^◇^;)

Domaneのカーボンフレームは、SL 6 Disc 36万円〜 SLR 9 Disc 112万円となっており、僕の様な普通の人が買うものでは無いので省略。


https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/バイク/ロードバイク/パフォーマンスロード/domane/domane-alr/domane-alr-5-disc/p/1407000-2018/?colorCode=black

ALR 5 Disc
¥213,000(税抜)

アルミフレーム、カーボンフォーク、105搭載。

アルミフレームで20万は高い。


https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/バイク/ロードバイク/パフォーマンスロード/domane/domane-alr/domane-alr-4-disc/p/1405000-2018/?colorCode=grey

ALR 4 Disc
¥185,000(税抜)

アルミフレーム、カーボンフォーク、TIAGRA搭載。


ALR4でも、Domaneの特徴であるIsoSpeedテクノロジーがリアルに装備されていることによって、路面からシートへの衝撃が緩和されます。

Checkpoint ALR 4とDomane ALR 4 Disc、ついでにREVOLT1を比較

10万円台のアルミモデル同士を比較してみます。

メーカー モデル名 標準価格(税抜) コンポーネント ギア ギア比 フレーム フォーク タイヤ幅 重量 ブレーキ 補助ブレーキ 泥除け/キャリア
TREK Checkpoint ALR 4 ¥185,000 TIAGRA 2(34/50T) x 10(11-34T) 1.0 - 4.54 アルミ カーボン 35C 10.12kg 油圧式 ×
TREK Domane ALR 4 Disc ¥185,000 TIAGRA 2(34/50T) x 10(11-32T) 1.06 - 4.54 アルミ カーボン 32C 9.75kg 油圧式 ×
GIANT REVOLT 1 ¥155,000 TIAGRA 2(34/48T) x 10(11-34T) 1.0 - 4.36 アルミ カーボン 35C 10.5kg 機械式


※泥除け対応。キャリアは不明。

Domaneの方が370g軽く、IsoSpeedによって快適性も上ですから、たまにグラベルも走れたらいいかな程度であれば、こちらが良いのではないでしょうか。

Checkpointは45Cのタイヤも装着可能、ボトルケージが多く、キャリアも取り付け可能ですから、よりハードにアドベンチャーを楽しみたければちらです。


最後の最後は、シルバーかブラックかの選択かもしれません(^◇^;)

正直、ジャイアントよりトレックの方がかっこいいので、購入時にこれらトレックの2車種が有ったら、どちらかを選んだと思います。