なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、マラソン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

【麺や ふくわらい】横浜と川崎の狭間にある豚骨かつお系らーめん


スポンサーリンク

こんにちは、なりなりです(^ ^)

本日は、JR南武線の矢向駅から徒歩5分にあるラーメン屋「麺や ふくわらい」のご紹介です。

川崎市民からしても、矢向ってどこ?って感じですが(^◇^;)

神奈川ラーメンに革命! “またおま系”とは言わせない、 豚骨魚介の進化版“豚骨カツオ系”現る!|ウォーカープラス

何でこんな所に行ったかというと、実はこの店、横浜ウォーカーで紹介されているんです。

南武線は川崎と立川を結ぶ川崎市民の足ですが、唯一、矢向駅のみが横浜市に属しています。そもそも、横浜ウォーカーって、実質、神奈川ウォーカーですけど。

ふくわらいから駅の反対へ100mも行かないうちに川崎市になります。


矢向は南武線の中でもかなり寂れた駅で、特にふくわらいの有る川崎側の廃れが激しいです。

矢向商店街は住宅街化が進んでいる中、ここ、「ふくわらい」とすぐそばの「ノチハレ珈琲店」が新しいお店です。

どちらの店も、よくここに出店したなと(^◇^;)


メニューは極々シンプルで、らーめんは

  • らーめん 700円
  • 煮卵らーめん 800円
  • 炙り豚らーめん 900円

の3種類で、違いはトッピングのみです。

メニューには餃子も追加して欲しいところ。


ご自慢のとんこつかつおスープの説明


こちらが「炙り豚らーめん」で


こちらは「削りたてぶしごはん」300円


らーめんは量が多く無いので、男性は大盛りにするか、ご飯を出した方が良いかも。


横浜ウォーカーのサイトに詳しく書かれていますが、スープは生の鰹で出汁をとっているそうで、かつおの旨味がたっぷりと味わえます。

確かにこれだけかつおが感じられるらーめんは珍しいかも。店主の拘りを感じます。


店内には薬味の説明があります。


おすすめに従って小どんぶりに取り分けてから薬味をトッピングして食べると、色んな味を飽きずに楽しめます。

直接食べてもしつこいスープじゃありませんけど。


とんこつ魚介系って食べ飽きたよという方も、一味違いますから、是非一度ご賞味あれ!


矢向駅周辺には、あと3軒ほどラーメン屋が有りますが、どれもこれも家系だったりします。

横浜、川崎は家系で溢れているので、こんな住宅街でオリジナルのラーメンを出すなんて凄い!

頑張って欲しいです。


とんこつ鰹ラーメン『麺や ふくわらい』|矢向駅から徒歩3分・川崎駅から車で10分


  • 麺や ふくわらい
  • 神奈川県横浜市鶴見区矢向5丁目11−40
  • 支払いは食券機による現金のみ
  • 営業時間 11:30-14:30, 17:00-20:30(スープが無くなり次第終了)、火曜日定休