なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

GARMINのマルチスポーツGPSウォッチ 2017年モデル fenix 5 / 5S / 5X登場!


スポンサーリンク

こんにちは、なりなりです(^_^)

あれ?去年の夏にfenix 4に関するそれっぽい画像を含めてまことしやかな情報が流れていましたが、発表されたのは5で、かつ、小型の5Sと大型の5Xも同時リリースとなりした!


f:id:narinarissu:20170105124712j:plain:w400

Announcement: Garmin Introduces the fēnix 5 series – Multisport GPS Watches for Fitness, Adventure and Style - Garmin Blog

こちらはGARMIN本社からの正式リリースで、

fēnix® 5 | Garmin

米国内では5~8週間で入手可能となるようですが、


Garmin | Japan | Home

国内版のJモデルを手掛ける「いいよねっと」のサイトには出ていません。

ただ、「いいよねっと」は

GARMINが「いいよねっと」の完全子会社化完了! - なりなり日記

昨年、GARMINの子会社になっていますから、既に日本語化作業は進んでいると思われ、発売はそう遠くはないのではないかと。

それにしても、OSレベルでの日本語対応は、まだだということですね。時代遅れ…


主要諸元をfenix 3、735XTと比較すると

仕様 fenix 3 fenix 5 fenix 5S fenix 5X 735XT
価格的 $450 $600 $600 $700 $450
重さ 82g 85g 67g 98g 40.2g
本体サイズ 51x51x16mm 47x47x15.5 mm 42x42x14.5 51x51x17.5 mm 44.5x44.5x11.9mm
画面サイズ 30.4mm 30.5mm 31.1mm 27.94mm 31.1mm
画面解像度 218×218 240x240 218x218 240x240 215x180
GPS持続時間 20-50h 24-100h 13-50h 24-100h 14h
手首心拍計 ×

 

僕のような細腕には735XTくらいの大きさが限界なのですが、5だと少し大きく、5Sだと小さなサイズです。

3は明らかにデカすぎだと思いましたが、5ほギリ大丈夫かも。5Sは全く問題無しです(^_^)

画面サイズはどれも大差なく、解像度は3と5Sは同じです。

GPS駆動時間が結構違いますが、僕のように日帰りでしか使わなければ5Sで十分、ハセツネの様なロングレースを詳細記録したければ5でしょうか。


5Xはマッチョ且つ、お金に余裕の有る人向けでは(^-^;


fenix 3の弱点だったデカすぎる問題が解消されて、手首で測定する心拍計が標準装備と、もはや究極のマルチスポーツGPSウォッチになったと言っていいでしょう。


但し、$600、Jモデルは6万5千円くらいだろうか、さすがに高いなぁ。


自転車で使うにはやはり自転車用の方が便利なので、僕の場合、そのうちfenixに買い替えるかというと、それより自転車用のEdgeシリーズを買い足すかな。

もっと本音を言えば、腕時計タイプのGARMINとスマホを接続していれば、速度他のGARMINの情報を表示してくれるアプリを出して欲しいです。

これが有れば、腕時計タイプと自転車用の2つを持つなんて不経済なことをしなくて済みます。

それなら逆に、次はfenixというのも有りかも。


もう一つの弱点はアプリ、Connect IQでしょうか。アプリ機能をApple WatchやAndroid Watchと比較されると完敗です。

Connect IQは

  • 只でさえ多かった画面解像度が、今回も新たに加わった
  • Monkey Cなんていうローカル言語採用
  • 使い勝手の悪い開発環境
  • 収益が見込めない

と、開発者が集まってこない理由しか見つけられません。

今からでも改良できるのは開発環境くらいなので、Visual BASICとかC++ Builderの様な誰でも手軽にプログラミング出来る統合開発環境が無いと駄目だと思います。

僕もConnect IQのプログラミングは頓挫しました。


せめて、これだけマルチなスポーツに対応して、ゴルフにも対応するなら、テニスにも標準対応してくれないだろうか?

テニススコアカウンターアプリ、レビューを見ると動かないとか評判が悪いです。

235/635/735シリーズの画面にはいつになっても対応してくれないし…