読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

wilsonから錦織くんのBURN 2017年モデルCV(カウンター ベイル)登場!

テニス

スポンサーリンク

こんにちは、なりなり@narinarissuです(^_^)

【wilson ULTRA(ウィルソン ウルトラ)】今時珍しいネットプレイヤーをターゲットにした2016年ニューモデル テニスラケット - なりなり日記

渋い!wilsonがPRO STAFFの2017年モデルを世界同時発表!発売は2016年9月! - なりなり日記

WilsonのテニスラケットBLADE 2017年モデル発表!発売は12月から! - なりなり日記

今年のWilsonテニスラケットは、ネットプレイヤー向けのULTRA、フェデラーのPRO STAFF、ラオニッチのBLADEに続いて、錦織くんのBURNもニューモデルをリリースてきました!


f:id:narinarissu:20161125084939j:plain:w400

Wilson WebMagazine (ウイルソン ウェブ マガジン) :: PRODUCTS :: 新素材 カウンターベイルを採用した新しいBURNフラット・ビーム・シリーズ

話は3年前にまで遡る。 当時、錦織 圭がウイルソンと"理想のラケット"について語り合った際に伝えられた要望、それをベースに、新しいラケットの開発がスタートした。

そこでウイルソンが採用した新素材「カウンターベイル」が効果を発揮する。この「カウンターベイル」はNASAにも公認を受けており、通常のカーボンに比べて、衝撃を約3割減らせるという特徴を持っていて、実際に実験結果として表れている。筋肉の働きがわかる筋電図を付けて、新作BURNをテストしたところ、腕の筋肉[上腕二頭筋、上腕三頭筋、手関節屈筋群(=前腕)]が、従来のラケットより約14.5%休んでいることが判明したのだ。つまり、カウンターベイルを採用したラケットは、疲れにくい。

とのこと。


ラインナップも多彩です。


まずはノーマルストリングパターンタイプから。

BURN 95 CV

f:id:narinarissu:20161125123725j:plain:w400

  • ¥40,000(税抜き) 
  • フェイス面積:95sq.inch
  • レングス:27.25inch 
  • Av.ウェイト:309g 
  • Av.バランス:32.5cm 
  • フレーム厚:22.0mm 
  • グリップ・サイズ:G2,G3 
  • ストリング・パターン:16x20 
  • 適正テンション: 50-60p 
  • 2016年12月29日発売

カウンターベイルを採用した95平方インチの「BURN 95 CV」は、絶妙のパワーとしなりを発揮する22mmフレーム厚で、振り抜きの良さと高いコントロール性能を生む、2017年より錦織選手が使用するモデル。

BURN 95J CV

f:id:narinarissu:20161125124804j:plain:w400

  • ¥35,000(税抜き) 
  • フェイス面積:95sq.inch 
  • レングス:27.25inch 
  • Av.ウェイト:289g 
  • Av.バランス:34.0cm 
  • フレーム厚:22.0mm 
  • グリップ・サイズ:G2,G3 
  • ストリング・パターン:16x20 
  • 適正テンション: 50-60p 
  • 2017年2月発売

BURN 95J CVは、錦織選手が幼少期からプロになるまで使用し続けたハンマーバランスモデルで、加速するスウィングがバウンド後のボールの伸びを生み出します。世界に、ひとつ上のレベルに挑戦するには、最高のサポート力を発揮するモデル。


f:id:narinarissu:20161125124839j:plain:w400

最後にジュニアや女性といった幅広い層にオススメしたいのが、"次の錦織 圭を作る「BURN 100 TEAM」"だ。カウンターベイルこそ使用していないものの、6時方向にはラバー製のグロメットを採用し、衝撃を吸収できるモデルになっている。267gと軽量で、十二分にパワフルなボールが打てるのも魅力だ。


次にSラケ。

BURN 100S CV

f:id:narinarissu:20161126123731j:plain:w400

BURN 100S CVは、100平方インチ、300g(バランスは32.0cm)という黄金スペック。そしてNASA公認の衝撃吸収性能を発揮するカウンターベイルを搭載したモデル。

  • ¥34,000(税抜き) 
  • フェイス面積:100sq.inch 
  • レングス:27.0inch 
  • Av.ウェイト:300g 
  • Av.バランス:32.0cm 
  • フレーム厚::23.0-25.0-23.0mm 
  • グリップ・サイズ:G2,G3 
  • ストリング・パターン:18x16 
  • 適正テンション: 50-60p 
  • 2017年1月発売

BURN 100LS

f:id:narinarissu:20161126123911j:plain:w400

  • ¥30,000(税抜き)
  • フェイス面積:100sq.inch 
  • レングス:27.0inch 
  • Av.ウェイト:280g 
  • Av.バランス:32.5cm 
  • フレーム厚::23.0-25.0-23.0mm
  • グリップ・サイズ:G1,G2 
  • ストリング・パターン:18x16 
  • 適正テンション: 50-60p 
  • 2017年2月発売

BURN 100S CVを少し軽量にしたのがBURN 100LSで、100平方インチ、280g(バランスは32.5cm)のプラチナスペックとなっている。

こちらはCVでは無いようです。

BURN 100ULS

f:id:narinarissu:20161126124510j:plain:w400

  • ¥23,000(税抜き)
  • フェイス面積:100sq.inch 
  • レングス:27.0inch 
  • Av.ウェイト:260g
  • Av.バランス:33.0cm 
  • フレーム厚::23.0-25.0-23.0mm
  • グリップ・サイズ:G1,G2 
  • ストリング・パターン:18x16
  • 適正テンション: 50-60p 
  • 2017年3月発売

BURN 100ULSは、100平方インチでさらに軽い260g(バランスは33.0cm)。こちらは、ジュニアはもちろん、非力な女性でも、しっかりスピンがかかるモデルだ。

こちらもCVでは無いようです。

CVじゃないモデルが有る理由は何なのだろう??


何れもデザインはPRO STAFF 2017モデルから始まった、シックな黒をベースにしたものになっています。

  • PRO STAFFは赤
  • BLADEは緑
  • BURNはオレンジ

がアクセント。

Wilsonは

  • オールラウンダー向けの硬めがPRO STAFF
  • オールラウンダー向けの柔らかめがBLADE
  • ベースライナーはBURN
  • ネットプレイヤーはULTRA

とシンプルなので選びやすいですね(^_^)