読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

山を一日中走ってカップ麺食べて温泉に入って帰るためのトレランザック(バックパック)2016年モデル4選

トレラン

スポンサーリンク

こんにちは、なりなり@narinarissuです(^ ^)

一日中走ってクッカーで食事も作って温泉に寄って帰るための2015年最新お勧めトレランザック(バックパック)のご紹介 - なりなり日記

僕自身はこちらでご紹介したレードライトのTrail XP14を今年も使っていますが、敢えて欠点を挙げるとすれば

  • ショルダーベルトの肩の付け根が細くて、肩が少し痛くなる
  • 友人の分まで水を持つと容量が不足気味

の二点です。


容量は、

  • 予備の上着
  • 温泉セット
  • バーナーと水
  • ゼリーや救急キットその他小物類

でパンパンなので、特に、BIGカップーヌードル二人分の水と珈琲2杯分の水は1Lでは足りず、プラティパスの1Lボトルを2本入れようとすると、何かを削る必要有りです。

僕には本格的なトレランの仲間はいなくて、ザックが貧弱のため、ある程度余分に僕が背負う必要が有るんです。

それに、夏なら着替えも予備の上着も薄手ですが、春秋は寒暖差が大きいので荷物も増えて入りきらなくなりがち。

そのため、次回購入時には20Lのザックにするつもりです。


20Lになると、トレランザックというより、最近流行りのファストパッキングの括りになるのですが、僕的には、「一日ゆっくりトレラン」のためのトレランザックです。

ということで、今回はTrail XP14は対象外です。


f:id:narinarissu:20160605183315j:plain:w400

ULTIMATE DIRECTION FASPACK 20

アルティメイトデイレクションのFASPACK 20は、僕も去年最後まで悩んだのですが、少し大きすぎるのではないかと思いました。

でも、XP14を暫く使ってみると、多少の余裕が有った方がいいと感じます。

f:id:narinarissu:20160605144431j:plain:w400

f:id:narinarissu:20160605144440j:plain:w400

f:id:narinarissu:20160605144451j:plain:w400

欲を言えば、ポケットが少し少ないですが、それは、フロントポケットをボトル入れに使うかどうか次第です。


f:id:narinarissu:20160605144755j:plain:w400

来年モデルは、VESTシリーズ同様に、ポールの収納方法を改善してくるだろうか。


FASPACK 30もあるけど、流石にトレランの範疇を外れます。


SALOMON S-LAB PEAK 20 SET

明らかに去年のFASPACK 20に触発されてサロモンが出してきた対抗馬がPEAK 20です。


f:id:narinarissu:20160605145306j:plain:w400

f:id:narinarissu:20160605145315j:plain:w400

f:id:narinarissu:20160605145325j:plain:w400

f:id:narinarissu:20160605145434j:plain:w400

f:id:narinarissu:20160605145444j:plain:w400

恐らくFASPACK 20を研究し尽くしたでしょうし、SLABを謳うのですから、ランニング時の荷物揺れなどはかなり抑えられているのではないでしょうか。

フロントのボトル入れがサロモンのソフトフラスク専用なのだけが残念ですが、それが許容できれば良い選択だと思います。


THE NORTH FACE FP 25

こちらも同様にノースフェイスが出してきたFP 25、ファストパック 25です。


f:id:narinarissu:20160605150304j:plain:w400

f:id:narinarissu:20160605150320j:plain:w400

f:id:narinarissu:20160605150333j:plain:w400

f:id:narinarissu:20160605150347j:plain:w400

フロントのボトルポケットは大きくて良いのですが、それ以外のポケットはヒップハーネスのポケットのみで、これが少し小さいです。

ヒップハーネスが取り外し可能なのは便利ですけど。



いかがですか?

巷には10L程度のトレランザックが溢れていますが、レースならともかく、一日ゆっくり山の景色を楽しんだり、途中でカップ麺を食べたりコーヒーを飲んで山を堪能して、温泉で疲れを癒して帰るなら、少なくとも15Lが必要で、20Lくらいが余裕が有っていいですよ(^-^)