読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

コンパクトで安くなったiPhone SEに一瞬心が揺れたけど...

Android iPhone TORQUE

スポンサーリンク

こんにちは、なりなり@narinarissuです(^ ^)


iPhone 6sの販売不振にビビったAppleが

  • iPhone高過ぎ!
  • 小さいのが欲しい!

という不満への答えを出してきましたねー

僕は、大きさに関してはiPhone 6sのサイズでも許容範囲なのですが、価格は我慢の限界を越えていましたから歓迎です(^-^)


f:id:narinarissu:20160322120557j:plain:w400


ASCII.jp:iPhone SEとiPhone 6s&iPhone 5sのスペックを詳細表で比較!|【全力特集】4型のiPhone SE&9.7型iPad Proが登場!

細かいスペック比較は、こちら、ASCIIのサイトが分かりやすいです。

最近は、大手サイトが頑張って情報更新するので、iPhoneブロガーさん達の出る幕が無いです(^_^;)


スペックからして、コアな部分は共通設計として、液晶やらカメラやら、簡単に安く出来る部品は置き換えて、最小限の手間で、おらよっと出した感じです。

王者は、細かい工夫などする必要が無いのが強みですねー!


ASCII.jp:4インチ「iPhone SE」は価格5万2800円から - 予約は24日開始で31日発売|【全力特集】4型のiPhone SE&9.7型iPad Proが登場!

価格は

  • 16GB 52,800円(税別)
  • 64GB 64,800円(税別)

ということですが、SDカードの使えないiPhoneで16GBなんて無理だろ。

いい加減、エントリーモデルを32GBにしろよと思います。

最近は、写真は全てGoogleフォトにバックアップした後は本体から削除してしまうので、容量は削減できますけど。

それは、Appleでなく、Googleのお陰です。

16GBなんて、自動車の見た目の最低価格を下げたいがために、パワーウィンドウすら削ったモードを用意するより酷い。パワステ無しレベルじゃないだろうか。


更に、16GBの米国価格は$399、32GBは$499ですから、本日の$1=¥112で換算すると、44,720円と55,929円になります。

日本販売価格に合わせると、$1=¥132になりますから、実レートと余りにかけ離れています。

日本人をなめんなよ、Apple!!

相変わらずだなぁ。

こうして徐々にアンチが殖えていくことが、アメリカ人には分からないんだな。

これが大して売れなかったら、いよいよAppleも本気で価格を下げるしか手がなくなるでしょうね。


ただ、トレイルランナーの僕としては、docomoといえども圏外率の高い山では、機内モードでGPSをONに出来ない仕様のiPhoneに大きな不満が有ったのですが、

iOS デバイスで機内モードを使う - Apple サポート

この問題は、2015年4月にリリースされたiOS8.3で改善されていたようです。

iPhone 3Gが2008年7月に発売されて以来、8年弱も放置されてきた問題が、ようやく改善されたのです!

これは、素晴らしいというか、何というか、余程優先度の低い問題だったのでしょうね。

改善項目として上がっていたけど、忘れ去られていたのか、それともAppleの開発陣に山に行く人がいなくて、本気で気付かなかったのか...

各所でクレームは上がっていたはずですけど。


ただ、山で、というより運動中に汗をかいた状態でのTouch IDや液晶の反応の悪さは変わらないと思います。


更に、NFCが搭載されたとはいえ、Suicaに対応していないというか、SuicaがNFCに対応していないのは、一旦、モバイルSuicaを使い始めてしまうと、何とも許容しがたいです。


現状のAndroid(手持ちの環境 : TORQUE G01 / UQ mobile)も使い込んでみると不満は多々あって、

  • 山での圏外率が高い(auの問題)
  • 写真画質が悪い
  • はてなブログアプリが不安定
  • バッヂが無いためLINEの未読に気付きにくい
  • 熱暴走が心配
  • LINEでスピーカーフォンを使うとハウリングが酷くて使い物にならない
  • 自転車に安心して取り付けられるホルダーが無い

など、意外と多いです。


5つ目以降はサイクリングで使う場合の不満です。

ハウリングに関しては、恐らく、TORQUE G01にはスピーチとマイクの位置他に問題が有って、特に、音をそのまま伝えるLINEなどではハウリングを起こしてしまって、まともに会話できないのです。

そのため、複数人数でサイクリングする時にLINEを使ってスピーカーフォンで連絡を取り合うことが出来ません。

僕の場合、片耳が聞こえないので、安全のため、片耳型のヘッドセットを使うことも難しい。


また、振動の激しい自転車にしっかりと取り付けるホルダーが意外と難しくて、

こちら、今使っているミノウラのホルダーは、注意していないとスマホが飛び出します。


こちら、トピークのホルダーが一番信頼性が高そうなのですが、iPhoneとギャラクシー以外はビニール製の汎用ケースに入れることになるのですが、それだとほぼ違いなく熱暴走します。


iPhone SEの不満

  • エントリーモデルが16GBなのは酷い
  • おサイフケータイにならない
  • 運動中の手に汗をかいた状態で扱いにくい


ということで、一長一短ですが、実は、不満の数で言えば、iPhoneの方が少ないです。


2つ持ちも面倒なので、iPhoneが32GBモデルとおサイフ対応して欲しい。

或いは、自転車ナビのために、中古のiPhone 5sでも買うか...
さすがに、それも無いかなぁ。


追記

【多摩サイ~浅サイ~陣馬街道~和田峠~陣馬山 春編】サイクリング&プチハイキング - なりなり日記

自転車には、ガーミンのサイコンを、そのうち買うことにします。