読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

GIANTのグラベルロードREVOLT1(リボルト1)が届きました!多摩サイとランド坂を試走!

REVOLT1

スポンサーリンク

こんにちは、なりなり@narinarissuです(^ ^)

待ちに待ったと言うか、3月以降と思っていたのが意外と早く届いたGIANTのREVOLT1を受け取ってきました(^-^)v

では早速、写真でご紹介します。


f:id:narinarissu:20160206173552j:plain:w400

全体写真です。


見た瞬間、あれ?Webの写真と違くね?というのが感想でした。

何かぼんやりした色です。

実物は一度、Y's新宿で見ているのですが、その後、何度もWebの写真を見ていたので、すっかりそっちの印象だったのですが


f:id:narinarissu:20160206173806j:plain:w400

Webの写真の方が青が濃くて良いなあ(^_^;)

まあいい。慣れです。そんなものは。

それに、何れにしても、REVOLT1 2016年モデルだけ、唯一のオリジナルカラーです。

他のロードバイクには全く無い色です(^-^)


ただ、もう一点、これは受け取った後、走っている時に気付いたのですが大きな違和感が有りました。

REVOLTのダウンチューブ下には、X DEFENDERという、マッドガードが標準で付いているのですが


f:id:narinarissu:20160206174425j:plain:w400

これがWeb上のREVOLT1のX DEFENDERで


f:id:narinarissu:20160206174605j:plain:w400

こっちが、REVOLT3のX DEFENDER

事前に分かっていたのですが、1と3とでは違うものが付いていて、1の方が小さめでさりげないんです。


f:id:narinarissu:20160206173949j:plain:w400

これが僕のREVOLT1

いやこれは流石に間違ってREVOLT3のが付いてるでしょう。明らかにでかい!

何かこれ、走っていてふと下を見ると、やたらと空気抵抗が有る気がしちゃうんですよ。

交換してもらわなきゃ。

ていうか、一般的な感覚からすると十分高額な、15万という買い物なので、こんな間違い困りますよ。

他にも間違えたパーツは無いのか、総点検してもらいます。


※追記

翌日確認して貰ったところ、1のDEFENDERの上に、更にマッドガードが取り付けられていました。GIANTから送られて来たため、スタッフが取り付けたとのこと。

ちょっと邪魔に感じるので、取り外し貰って持ち帰りました。


f:id:narinarissu:20160207220230j:plain:w400

f:id:narinarissu:20160207220247j:plain:w400


この方がすっきりです。 
マッドガードというより、ダウンチューブの砂利の跳ねからの保護板といった感じになります。

更に、よく見るとシートチューブの側面にもGIANTの文字がおぼろ気に見えます!

何とも控えめなロゴですね。

僕的には歓迎だけど。GIANTロゴはカッコ悪いから。

女性向けをLIVとしたりして、イメージアップを図っているようですが、GIANTのロゴを変えるなり、少しイメージ戦略を立てた方が良いです。


f:id:narinarissu:20160206175511j:plain:w400

ハンドルを後ろから


f:id:narinarissu:20160206175615j:plain:w400

前から

便利なサブブレーキレバー付きです。

撮り方が悪くて分かりにくいですが、確かに真正面から見ると、下ハンドルが僅かにハの字に開いています。

これによって、グラベルを走る時の安定性が増すのだそうです。

下ハンで走る時だけですけど。


最新のシマノのコンポーネントだと、TIAGRA以上はSTIのケーブルが横に付き出していないので、見た目がスッキリです。


f:id:narinarissu:20160206183047j:plain:w400

フォークはカーボンコンポジッド


f:id:narinarissu:20160206183221j:plain:w400

機械式ですが、油圧式のようなデュアルピストンのディスクブレーキ(TRP SPYRE C AL 160mm)


f:id:narinarissu:20160206183941j:plain:w400

TIAGRAのコンポーネント


f:id:narinarissu:20160206185812j:plain:w400

GIANTのロゴは、ダウンチューブ上部に有るため横からは見えませんが、色使いも控えめというか、ほぼ見えません。


グラベルロードということで、多摩サイの砂利道を意図的に走った感想としては、タイヤが35cと太くて安心なのはいいのですが、やはり、MTBの様な衝撃吸収性は皆無で有るため、長時間走るのは厳しいです。

凸凹の砂利道を飛ばしていると、振動で目がくらくらチカチカしてきますよ。

酔います。

砂利が小さかったり、少な目のほぼ土の道ならいいですけど。

あくまで、砂利が表れてもビビらなくていいとか、サイクリングロードに人が溢れていた時に、舗装路を外して追い抜くのも苦にならないとか。

林道は、もう少ししたら行ってみます。


ディスクブレーキは、デュアルピストンといっても、やっぱり、BD-1のVブレーキより弱いですね。

納車の時も、前輪ブレーキでのジャックナイフを注意されましたけど、この制動力では起こり得ないのでは??下り坂でスピードが出てる時なら有り得るのだろうか?

逆に、ロードバイク乗りがマウンテンバイクに初めて乗ると、ブレーキの効きの良さにビビると思います。

低速でも簡単にジャックナイフしますから。

サブブレーキは、やはり便利なので、外すことは無いと思います。


今日は初乗りということもあり、37kmしか走りませんでしたが、せっかくなので途中にあったよみうりランドへの坂道「ランド坂」を上ってきました。


f:id:narinarissu:20160206191056j:plain:w400

まだまだ非力な僕の脚では、途中からギア比1.0の一番軽いギアをクルクル回して上りました。

今の脚力だと、本格的な山道、特に林道は苦戦するかもしれません(^_^;)

でも、とても気持ちよく走れました。やっぱ、自転車サイコー!!


さて、今日のREVOLT1レポートは、こんなところでお仕舞い。


しかし、3/13の横浜マラソンを前に届いてしまうとは...

元々、ほぼ走る気が無くなっていて、横浜マラソンでの引退を決めているのですが、自転車が届いてしまったので、もう、練習する気すら無くなりました(^_^;)

本番2週間前に20kmを一本走って、あとは本番で終わりにします。