読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

格安SIMの契約数が400万回線を突破!

IT全般

スポンサーリンク

こんにちは、なりなり@narinarissuです(^ ^)

MVNOサービスの総契約回線数は、2014年9月末の1928万回線に比べ88.9%増の3642万回線になった。今後も総契約回線数は順調に伸長し、2016年3月に4000万回線突破は確実とみられる。回線種別では携帯電話(3G/LTE)が1065万回線(シェア29.2%)、BWA(WiMAXやAXGP)が2567万回線(シェア70.5%)で最多、PHSが10万回線(シェア0.3%)となった

だそうです。

4,000万回線!という数字に一瞬驚きましたが、良く見ると「携帯電話(3G/LTE)が1065万回線」なので、注目すべきは、「携帯電話のMVNO回線が1,000万契約を突破」かとも思ったのですが、


f:id:narinarissu:20151209122703j:plain:w400

更に良く見ると、携帯電話の数は、まさかの失速!?


f:id:narinarissu:20151209123103j:plain:w400

ただ、こちらを見ると、伸びてますね。まだ405万回線ですけど。

良く分からず(^_^;)


BWAが伸びてるって、今更WiMAXが伸びてるだろうか?Y!mobileのAXGP??不思議です。

更に、MVNOのうちの格安SIM以外の600万回線ってなに?

といろいろ疑問が有りますけど。


携帯電話・PHS契約数|一般社団法人 電気通信事業者協会(TCA)

TCA(電子通信事業者協会)によると、docomo、au、SoftBankの携帯電話総数(MVNOを含むと思われる)は、2015年9月時点で、1億5,200万となっていますから、格安SIMのシェアは、まだ2.5%に過ぎません。

これだと、キャリアに本気で驚異を感じさせるには至りませんね。


但し、日本ではiPhoneが圧倒的な人気を誇っていますから、Appleが米国で今年始めた「毎月端末代の1/24の料金を払い続ければ、毎年、最新のiPhoneが貰える」サービスを国内でも始めたら、このサービスとMVNOを組み合わせる人が激増すると思います。

このサービスは、毎年半額で最新のiPhoneが購入出来る訳です。

iPhone大好きな人は、キャリアに縛られるのは嫌でも、Apple縛られるのは嫌では無いでしょうし、このサービスとMVNOを組み合わせた方が、キャリアと契約するより圧倒的にお得ですから。

iPhoneに関しては、キャリアは売るだけて何のサポートもしないわけですから、どのみち購入後はAppleショップ、又はストア頼みになるわけで、キャリアから買う意味なんて有りませんし。

来年のiPhone 7発売時に、Appleがどう出るかが見ものです。