読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

ロードバイクの2017年モデルは基本がディスクブレーキになるのか!?

サイクリング

スポンサーリンク

こんにちは、なりなり@narinarissuです(^ ^)


f:id:narinarissu:20151202123608j:plain:w400

The UCI to continue disc brake trials in 2016

UCI(国際自転車競技連盟)は11/30、ロードレースにおけるディスクブレーキの使用テストを2016年は期間を限定せずに許可すると発表しました。


順調に行けば、2017年のロードレースでは、ディスクブレーキが公式に解禁されるようです。


レースなど出る予定は有りませんが、販売されるロードバイクががらりと変わるだろうと言う意味で、興味が有ります。


2016年モデルでは、

  • シクロクロス
  • グラベルロード
  • エンデュランス系の一部

でしか採用されていないディスクブレーキですが、来夏に発表される2017年モデルでは、ディスクブレーキが主流になるのかもしれませんね!


そうなると、

  • エントリーモデルは機械式
  • その他は油圧式

となるのでしょうか?


グラベルロードなら林道・砂利道・ロングツーリングもバッチリ!10万円台の2016年最新モデルを徹底比較! - なりなり日記

現状では、こちらにまとめた様に、グラベルロードで言うと、一般人が買うであろう、15万円程度のバイクでは、少なくとも普通の油圧式は無いです。

どうも、シングルピストンの機械式は、あまり良くなさそうなので、TRPのSPYREの様なデュアルピストンの機械式や、HY/RDの様なワイヤー引きの油圧式が生き残ってくれると良いなと思います。