読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

iPhone 6からTORQUE G01に変更後に初トレランした感想

iPhone TORQUE トレラン

スポンサーリンク

こんにちは、なりなり@narinarissuです(^ ^)

主にトレランのためにiPhone 6からTORQUE G01に変更してから、初めてトレランした感想です。

良かった点

バッテリーもちが格段に良い

f:id:narinarissu:20150813182027j:plain:w300

iPhone 6では、8時間走ると20%以下のバッテリー残量でしたが、TORQUE G01で5時間40分走った後のバッテリー残量は67%でした。

逆算すると、ざっくり

  • iPhone 6は10時間
  • TORQUE G01は17時間

のトレランに使えることになります。

TORQUE G01の場合は、GPSはONのまま機内モードに出来るので、バッテリー消費を更に抑えられる筈です。 

手に汗をかいてても使いやすい

TORQUEの液晶は、指が濡れてても反応が良いので、トレランはもちろん、スポーツの最中で手が汗だくでも扱いやすいです。

カメラ起動と撮影が簡単

TORQUEに限らず、カメラの起動とシャッターを兼ねたボタンを持っているAndroid端末は多いと思いますが、やはり便利です。 

パスコードなどのセキュリティを設定したままでも、ボタン一発で起動しますから。

iPhoneだと、セキュリティ解除してあっても、ホームボタンタップしてから、画面スワイプの必要が有りますが、iPhoneのタッチ画面は汗に弱くて、手に汗をかいた状態では、なかなか反応してくれません。


iPhone 6もボリュームボタンがシャッターになりますけど、位置が悪いです。

あの位置だと、指がカメラレンズに被りやすい。

マップアプリの起動が簡単

ダイレクトボタンには、任意のアプリが設定できます。

トレラン最中にしたいことは、

  1. 写真を撮る
  2. 位置を確認する
  3. Facebookに投稿する
  4. LINEで連絡する

これがベスト4です。

山奥では圏外なことも多いので、ベスト2までがメインです。


僕の場合は、

f:id:narinarissu:20150813192619j:plain:w400

山と高原地図 - Google Play の Android アプリ

山と高原地図アプリを愛用していますが、iPhoneだと、最短でもホーム表示後にアプリを起動する2ステップが必要です。


TORQUEでは、セキュリティを解除しておく必要が有るものの、ダイレクトボタン長押しで地図アプリを起動できます。


こんなところかな。

これだけメリットが有れば十分ですよね!

悪かったところ

カメラの画質の良し悪しを、まだ図りかねていますが、iPhone 6に劣ることは確かです。

少なくとも、HDR設定 + 手振れOFFでは、ぶれまくりでした。

今は、HDR OFF + 手振れONの状態で様子見です。

iPhone 6だとHDRのON/OFFくらいしか設定が有りませんが、ONにしてても手振れとか有りませんし、かなり綺麗に撮れます。

今更ながら、iPhoneのカメラの優秀さを実感しました。

微妙なところ

これは、UQ mobile、というかauの電波の入りについて。

奥多摩湖登山道入り口 ○
サス沢中継所 ○
御前山山頂 ×
鞘口山山頂 ×
大ダワ 3G(通話のみ)
大岳山山頂 ×
御岳山山頂 ○

でした。

docomoでも、三頭山~御前山手前の惣岳山の区間で圏外は多かったので、どちらが良いとも言えません。

但し、×と×の間がずっと×なわけでもないので、例えば、LINEで「今、ここを走ってまーす」と送っておけば、電波をキャッチしたところで送信してくれますから、家族に現在地を教えられます。

これで、家族は安心しますし、万が一の遭難時の捜索材料にもなります。


明らかに残念なのはカメラの画質のみで、まだ、設定変更で実用的にはなり得ますから、やはり、TORQUE G01にして良かったです(^-^)


次回は、

f:id:narinarissu:20150813201740j:plain:w400

山旅ロガー - Google Play の Android アプリ

山旅ロガーでログを取りながら走った場合のバッテリー持ちを確認する予定です。

この結果次第で、TORQUE G01とモバイルバッテリーを持ち歩けば、長距離のトレラン大会でのログ取りに使えるのかが分かります。

僕が使っているGARMIN 220は10時間しか持たず、充電しながら計測できないため、長距離トレランには使えませんから、これは、結構重要な情報です。


検証環境 : TORQUE G01 / Android4.4.2 / UQ mobile