読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

箱根山の噴火警戒規制と風評被害発言の是非

トレッキング トレラン 徒然

スポンサーリンク

こんにちは、なりなり @narinarissu です(^ ^)

【箱根山】「噴火より風評被害が心配」温泉街直撃、宿泊キャンセル相次ぎ - 産経ニュース

箱根山:大涌谷周辺に避難指示も「風評被害が心配」 - 毎日新聞

時事ドットコム:「規制は一部、観光して」=噴火警戒で旅館組合-神奈川・箱根

「規制区域はごく一部」、「風評被害」、「観光に来て」、この辺りのキーワードに厳しく反応している人が多いですね。

5万2000年前の話を、「大昔は大噴火して横浜まで火砕流で覆われたのだから、神奈川県全域が危ない」とか書き込む人まで現れる始末…

こんなことを言い出したら、日本に安全な場所など無いに等しいと思うけど、一番近々(と言っても3000年前ですが…)

箱根山 - Wikipedia

約3000年前には、神山北西斜面で山体の多くを崩壊させる大きな水蒸気爆発が発生。これにより大涌谷が生まれ、水蒸気爆発によって引き起こされた土石流により仙石原湖の半分以上が埋没して仙石原となり、また早川の上流部(現在の湖尻付近)がせき止められて芦ノ湖が誕生した。

ともされており、予見されるのは水蒸気爆発だから、規制区域外は心配無いは説得力に欠けます。

最も、3000年なんて、火山活動の中では昨日のことという学者に習えば、逆に、次の本格的な噴火は、数千年後かもしれない。

そんなことを心配していたら、富士山に行くのもやめた方が良いし、温泉なんて全て火山活動の賜物ですから、温泉地は何処も危険です。


必要以上に怖がる、或いは、マスコミが面白おかしく騒ぎ立てた結果、観光客が減るのは、まさに、「風評被害」に当たるでしょうが、それは、「当事者が決して口にしてはいけない言葉」なんです。

箱根で観光業を営む皆さんは辛いでしょうが、これを機に、箱根の魅力回復について、皆で知恵を出し合って欲しいです。


実は、僕自身は、箱根外輪山のトレランは好きですが、正直、箱根の宿は高過ぎるので、あまり魅力を感じていません。

日帰り温泉も、都市部の手頃な温泉が充実した昨今では、魅力不足です。

そういう意味では、箱根と言えば、ちょっとドライブ感覚で大涌谷に行って黒たまごを食べて、芦ノ湖ちょろっと見てお終いというのが、一般的な感覚なのかもしれません。


箱根フリーパスとは | 箱根フリーパス | 箱根ナビ

箱根フリーパスというものも有りますが、

箱根フリーパス - Wikipedia

箱根地域では、かつて小田急グループと西武グループが箱根山戦争と呼ばれる争いを繰り広げた(詳細は当該項目を参照)。

現在は様々な協力関係を築いた結果、西武鉄道や箱根園、箱根駒ヶ岳ロープウェーでも発売や割引が適用されるようになったが、伊豆箱根バスは箱根登山バスと運行区間が重なっている場合でも利用できない。また、芦ノ湖遊覧船も利用できない。

  • 伊豆箱根バスが利用出来ない
  • 芦ノ湖遊覧船が利用出来ない

ということに加えて、1日券が無いのも不満です。


夕方のバスの混雑や、道路の異常な渋滞も困り物ですから、パークアンドライドの強化や朝夕のバスの増発もお願いしたい。


火山活動は、温泉街の繁栄と表裏一体なのは箱根に限った事ではなく、全ての温泉に言える事ですが、今回の騒ぎは、箱根がより魅力的な観光地に生まれ変わるための、いいきっかけとして欲しいです。

箱根は、決して、大涌谷と黒たまごだけが魅力では有りません。箱根外輪山からの眺めは最高です!富士山もとても綺麗に見えます!

是非、頑張って欲しいです(^ ^)