読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

montbel(モンベル)の2015年モデル トレランザック「クロスランナーパック15」を見てきました

トレラン

スポンサーリンク

こんにちは、なりなり @narinarissu です(^ ^)

モンベルのトレランザック クロスランナーパック15が店頭に並んでいたので、じっくり見てきました。

2015年お勧めRaidLight(レードライト) の14L最新トレランザック Trail XP14を徹底紹介! - なりなり日記

RaidLight(レードライト) Trail XP14で30kmトレランした感想 - なりなり日記

僕の場合、既にレードライトのTrail XP14を購入済みなので、このザックを買う予定は無いのですが、実物未確認のため若干気になっていたんです。


一番外側のポケットは7Lモデル同様に、内部にジッパー付き小型ポケットが有ります。

ここは、貴重品入れと思われます。


ハイドレーション入れは、種類を選ば無い大きさと深さが有りますが、キャメルバッグ以外の多くのリザーバーでは、マジックテープなどを別途用意しないと取り付けられません。


メインコンパートメントは充分に大きく、ジッパーもガバッと開き、使いやすそう。

ハイドレーション入れ部と合わせて、15Lは余裕で有りそうなので、大抵のトレランで困ることは無いでしょう。


胸部のポケットは、7Lモデル同様に小さめで、iPhone 6を入れると、ジッパーが閉じません。


本体サイドのボトルポケットは、斜め出しのため出し入れしやすそうに思えますが、700mlを入れると腕に干渉しまくりなので不可。


500mlでも気になります。


そのため、ボトルはフロント一択なのですが、そうするとポケットが不足します。


やはり、サイドポケットは、縦にするか、もう一工夫して、チェストポケットの大型化、走りながらアクセス可能なポケットの追加など、練り直しが必要です。

特に、サイドポケットは、やはり縦型にした方が、ポール収納にも使えて便利なのではないかと思います。

フロントポケットは、こちら、キャメルバッグのウルトラ10をインスパイアさせて貰えば良いのでは?

モンベルはキャメルバッグの代理店をしているのですし、恐らく、これを参考に捻ったのでしょうが、捻らない方が良かった。

フロントのポケットとボトルホルダーは両立するようにするために、キャメルバッグの方式が正解です。

ウルトラ10は、メインコンパートメント10L + リザーバー2Lで、一般的に言う12Lですから、この位の容量で良ければ、有力な選択肢になるでしょう。

クッカーやカップ麺を入れようと思わなければ、この位で足ります。