読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

SIMフリーiPhone 6/6 plusが更に値上げ!販売再開しない理由の説明も無し!

iPhone

スポンサーリンク

こんにちは、なりなり @narinarissu です(^ ^)

昨日、SIMフリーiPhoneの2度目の値上げが、しらっと行われました!

f:id:narinarissu:20150311231912j:plain:w400

iPhone 6の価格は
・16GB 8万6800円(税込 9万3744円)
・64GB 9万8800円(税込 10万6704円)
・128GB 11万800円(税込 11万9644円)

iPhone 6 Plusの価格は
・16GB 9万8800円(税込 10万6704円)
・64GB 11万800円(税込 11万9664円)
・128GB 12万2800円(税込 13万2624円)

となり、全モデルで一律1万1000円の値上げとなりました。

ギリギリ10万円を下回るのが、実質、使い物にならない、iPhone 6の16GBのみです。

いやー、幾ら何でも高過ぎでしょ!

スマホが10万円って!

無いわー!引くわー!ドン引きだわー!


スペック的には同等で、防水、おサイフ、ワンセグの分、機能で上回るXperia Z3 Compactは、docomoでの定価でも68,688円(税込)で、白ロムはなら4万円で購入出来るのに。

Z3でも、白ロムなら5万円で手に入ります。


iPhone 6の製造コストが高いのかというと、EMSの中国工場で作られているのですから、そんな訳もない。Made in Chinaですよ。

要するに、iPhoneによる利益は、Appleが独り占めで、我々はせっせと貢いでいる訳です。

f:id:narinarissu:20150311232220j:plain:w400

iPhone 6/6 plusの値上げは、昨年9月の発売以来二度目ですが、その間の円ドル相場の変動がこれです。

このタイミングで値上げする合理的な理由は見当たりません。

988(最新価格) / 798(発売当初価格) = 1.238

つまり、23.8%もの値上げてすが、この間の円ドルレートは

120 / 105 = 1.142

つまり、14%しか上がっていません。完全に便乗値上げです。

日本のiPhone信者は、アベノミクスのせいだなどと考えてくれるだろうと、たかをくくっているのでしょう。


でもって、販売再開を心待ちにしているみんなに対して、販売停止中の理由説明も無し!

僕はたまたま販売開始直後に買えてしまいましたが、もし、今買おうとして買えない立場だったら、激怒だと思います。

買いたいのに買えないまま、2度の値上げですから。

iPhone 6 ゴールド 64GB SIMフリーを予約しました! - なりなり日記

ちなみに、僕が購入した時の初期価格は、iPhone 6 64GBが7万9800円(税込 8万6184円)でした。

これでも高いなとは思ったのですが、ここから、税込10万6704円となると、2万円強の値上げですよ!!

Sofmap.com ハード買取 買取上限金額

そんな現状なので、ソフマップでの現金買取り価格の上限が8万5000円にも跳ね上がっています。僕の購入価格から1000円しか下がっていません!


これだと、買う気がしないのが普通だと思います。ていうか、やめた方が良いです。


ティム・クックさんよー!
日本人を舐めたらー、舐めたらいかんぜよ!!


数年前なら、iPhoneユーザーからするとAndroidなんてクソでした。OSも端末もiPhoneの出来損ないのパチモンでした。

でも、今は、使い勝手も大差無いです。オリジナルがiPhoneで、Androidがパクリなのは確かですが、今ではiPhoneもAndroidの一部機能をパクってますからね。

僕がiPhoneを使い続けているのは、逆に、Androidに乗り換える積極的な理由も無かったからなのですが、ここまで価格高騰されると、iPhoneは高過ぎするという理由が付きます。


買えてない方は、幸いかも。

SIMフリーXperiaも春に発売予定なので、楽しみに待てば良いのではないかと。

僕も、次はiPhoneは無いなと思っています。

追記

VAIO Phoneは誰がターゲットなのか分からない - なりなり日記

VAIO Phoneは期待外れでした。
これでは売れない。