読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

MVNO利用時の通信料と通話料の節約術

iPhone IT全般

スポンサーリンク

こんにちは、なりなり @narinarissu です(^ ^)

さよならSoftBank!SIMフリーiPhone 6をBIC SIMにMNPしました! - なりなり日記

月曜日からBIC SIMを使い始めて

【BIC SIM】15Mbps前後で安定してるけど昼休みは1Mbps切っちゃう! - なりなり日記

昼休みの速度が少し遅いなと感じる以外は快適に使っています。

まだ4日目ですけど(^◇^;)

MVNO(マスコミは格安SIMと報道しますけど、なんか安物扱いの感じの悪い言い方に感じます)に乗り換えてみて、docomoは何十Mbpsだの、SoftBankはもっと速いだの遅いだのという報道の無意味さを改めて感じています。

リッチなサイトを見るにも数Mbpsで足りますし、Twitter、Facebook、メールなどは1Mbpsさえ必要ないんです。

それ以上の速度が必要なのは、高画質の動画を見るときくらいです。


僕の場合、面倒くさく感じない程度に通信料を節約するとどの程度で使えるものかということに興味も有ったので、SoftBank時代の2〜3GBという月間使用量を少し下回る、2GBのミニマムスタートプランで始めました。

せっかくパケット代を節約しているのだから、電話代も節約することも含めてやるべきことは、

  1. デフォルトは低速通信にする
  2. アプリはWi-Fiでアップデートする
  3. 通話はViberを基本とする
  4. 楽天でんわを使う

この3点です。

以下、それぞれについて説明しますが、ケチくさいー!とか思う人は、読まなくてOKです。

ケチと思うか倹約と考えるかは人それぞれ。僕は、他人に無駄なお金を払うのは嫌です。ええ、決して裕福ではありませんから(^◇^;)

デフォルトは低速通信にする

BIC SIMはビックカメラがIIJmioのMVNOサービスの代理店をやっているようなもので、IIJmioのみおふぉんには無い

  • ビックカメラ店頭での当日MNP対応
  • wi2 300の公衆無線LANが無料で利用可能(利用開始までに1週間程度必要)

という二つの特徴が有ります。

基本サービスはみおふぉんなので、

IIJmioクーポンスイッチ

IIJmioクーポンスイッチ

  • Internet Initiative Japan Inc.
  • ユーティリティ
  • 無料
こちらのアプリを使って、高速データ通信量を確認出来たり、通信の高速低速を切り替えたりできます。


f:id:narinarissu:20141203190245j:plain:w300

ON/OFFボタンを押したのち適用を押すと高速(ON)と低速(OFF)が切り替わります。

高速スイッチオンって感じに、自由に(一時間に一回程度の切り替えに制限されるようですが)切り替えられるんです。

ですから、リッチなサイトを見るときや、地図アプリなどのダウンロードデータ量の多いアプリを使うときに高速スイッチをオンにして使う。

気付いた時にオフにするといった使い方をすれば、無駄に高速データ通信をすることが無くなります。

月に何GBというのは高速通信出来るデータ量であって、低速時には制限は有りません。

逆に低速時には3日間で366MBのデータ量を超えると更に低速に規制がかかるのですが、200kbpsですから、4時間ずっとダウンロードして到達するデータ量です。なかなかそこまで使わないし、規制がかかったら高速通信オンにすればOKです。

僕の場合、昨日一昨日と通信速度の測定を繰り返したこともあり、早くも500MB使ってしまっています。


アプリはWi-Fiでアップデートする

f:id:narinarissu:20141203180100j:plain:w300

アプリのアップデート通知が来ると無条件にアップデートしてしまいがちですが、大抵は敢えてWi-Fiを使わずにアップデートする必要は無いですよね。


f:id:narinarissu:20141203183958j:plain:w300

勿論、設定にある自動ダウンロードのモバイルデータ通信もOFFで。

そもそも、自動ダウンロード自体をOFFでいいと思います。どのようなアップデートなのか確認してからアップデートした方がいい。

通話はViberを基本とする

Viber

Viber

  • Viber Media SARL.
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料

僕自身、昔はViberに懐疑的でした。
最初のリリース直後の通話品質はかなり悪かったし、会社自体信用して良いのかという疑問も有りました。電話帳からデータを勝手に吸い上げたりしないか?とか。

ですが、長いことApp Storeに有りますし、楽天が出資したことも合わせて、もう信用して良いのではないかと。

楽天のミッキーは大して先見の明は無くて、大抵は、3匹目のドジョウを狙うタイプですけど、その分慎重なはずて、Viberの会社に対する信用調査は相当念入りにやったのではないかと予想します。

それにも増して、最近のViberの通話品質は目を見張るものが有ります。

Viberの特徴は

  • 素晴らしい通話品質(Viber > FaceTime > LINE)
  • AndroidもiOSも対応でViber同士の通話無料
  • アプリを起動していなくても着信可
  • 固定電話への通話無料(今のところ)
  • 番号通知可(+81-◯◯と国際電話表示ですが)

と今、Viberを使わない理由は無いです。

Viberが今ひとつ普及しないのは、楽天のプロモーション不足だと思いますよ。

LINEは通話品質が良い時と悪い時のばらつきが激しいのが難点。Viberを使っていないスマホユーザーでLINE繋がりがあれば、取り敢えずLINEしてみますけど。

楽天でんわを使う

楽天でんわ -番号そのままで通話料がお得-

楽天でんわ -番号そのままで通話料がお得-

  • Fusion Communications Corp.
  • ユーティリティ
  • 無料

固定電話とViberをインストールしているスマホとならViberで通話すれば良いのですが、ガラケー相手やViberをインストールしていないスマホとの通話には、楽天でんわを使います。

050 plusやIP-Phone SMARTは最初は良いと思ったのですが、通話が不安定なことが割とあって、面倒に感じるようになりました。

最近はIP-Phone SMARTが不安定な時ではなく、ViberやLINEが使えない相手には、初めから楽天でんわを使っています。


1〜2ヶ月こんな感じで使ってみて、特に1の低速通信をデフォルトにするのが面倒だなと感じたら、月4GBのプランに変更するつもりです。

さて、どうなりますかね〜

ひょっとしたら、今月早々に4GBプランに切り替え申し込みしてるかもww


検証環境:SIMフリー iPhone 6 / iOS8.1.1 / BIC SIM

みおふぉん公式ガイドブック発売!