読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

【Creative Woof】Bluetoothスピーカー体験レビュー

iPhone PR

スポンサーリンク

f:id:narinarissu:20140614222005j:plain:w400

こんにちは、なりなり @narinarissu です(^ ^)

BLOGTIMESのBluetoothワイヤレススピーカー「Creative Woof」を使ってみよう!体験プロジェクトに参加して、実際に使ってみました。

僕自身が持っているスマートフォンはiPhoneだけ(iPhone 5)なので、他のスマートフォンとの接続性などは分かりませんので悪しからず。

付属品と本体のチェック!

f:id:narinarissu:20140615202448j:plain:w400

本体以外の付属品は、

  • マイクロUSB-USB充電ケーブル
  • ライン入力ケーブル
  • 取説

です。

f:id:narinarissu:20140615202653j:plain:w400

本体はこの通り手のひらサイズです。

f:id:narinarissu:20140615202834j:plain:w400

電源のON/OFFは、本体裏側のスライドスイッチで行います。

f:id:narinarissu:20140615211453j:plain:w400

側面の上側の3つの押しボタンは、左から、ボリュームダウン/曲送り、音楽再生/停止、ボリュームアップ/曲戻しです。

その下には、スピーカーフォン用のマイクが有ります。

iPhoneとの接続

f:id:narinarissu:20140615204250j:plain:w400

電源ボタンをONにすると「Devices is ready for connecting」というメッセージが流れ、本体上面のステータスLEDが青く点滅します。

f:id:narinarissu:20140615204419j:plain:w300

iPhoneのBluetoothをONにして、設定のBluetoothを開くと、Creativeのデバイスが見えるので、これをタップします。

f:id:narinarissu:20140615204535j:plain:w300

すると、特にパスコードなどを入れることなく、iPhoneにBluetooth接続されます。

接続されると「Connected」というメッセージが流れて、ステータスLEDが点滅から点灯に変わります。

「Devices is ready for connecting」にしても、「Connected」にしてもかなり大きな音量でビックリするのですが、音量の変更は出来ないそうです。

これはちょっと、特にうちの奥さんには不評でした。

音楽を再生する

Bluetooth接続していまえば、あとは普通にiPhoneで音楽を再生すればスピーカーから音楽が流れます。

音量や曲送りなどは、上で説明した本体のボタンでも出来ますし、もちろん、iPhoneからもコントロール出来ます。

音質は、ちょっと僕に評価する能力が無いのですが、大きな音量で流さなければ、特に音割れするとこもなく、そこそこの音質だと思います。

スピーカー自体が小さいのでわ過度な期待はしない方が良いですけど。

3時間の充電で6時間の再生というのは、今ひとつなスペックですが、手のひらサイズと小型で、2,980円と安価なことから仕方のないところかなと。

スピーカーマイク機能

試してみたのですが、ちょっと使い物にならなかったです。

通常の電話とFaceTimeでは、着信音は鳴るものの、スピーカーフォン通話は出来せんでした。

LINEでは、着信音が鳴り、通話も出来たのですが、LINEの遅延にBluetoothの遅延が加わってしまって、会話にならなかったです。

ということで、残念ながらスピーカーフォンとしては使い物になりませんが、LINEのトークの着信を含めて、スピーカーから着信音が聞こえるので、気付きやすくなります。

訂正

スピーカーフォンになるかならないかは、iPhoneで応答するか、スピーカーのトップボタンで応答するかに依存するようでした。

スピーカーフォンとして使いたい時は、スピーカーのトップのボタンで応答します。

お勧めの使い方

実は、我が家では、家でスピーカーで音楽を聴くのは、奥さんが家事をしている間だけなんです。

f:id:narinarissu:20140615205541j:plain:w400

でも、こんな感じでキッチンの前に置いておけば、とても便利に使えるのではないかな、ということで、今回のプロジェクトに申し込んだのです。

こういう使い方にはピッタリかなと思います(^ ^)


検証環境:SoftBank iPhone 5(iOS7.1.1)