読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

【EPSON SF-710/510/310とGARMIN 620/220】マラソンやトレッキングに便利な最新GPSウォッチ を徹底比較!

iPhone GARMIN マラソン トレッキング

スポンサーリンク

こんにちは、なりなり @narinarissu です(^ ^)

f:id:narinarissu:20131122101830j:plain:w400
f:id:narinarissu:20131122094709j:plain:w400

私としては、EPSON(エプソン) Wristarable(リスタラブル) GPS SF-710S、510T、310G/WとGARMIN(ガーミン) Forerunner(フォーランナー) 620、220という最新GPSウォッチに、かなり心が動いたのですが、iPhone有るからGPSウォッチなんて要らなくね?って声が聞こえてきそうなので、そこのところから考えてみます。

iPhoneが有ってもGPSウォッチは必要か?

僕自身は、ランニングの履歴管理にはiPhoneアプリを使っており、

Runmeter GPS | RunKeeperとNike+GPSに次ぐ第三のランニングのお供アプリ - なりなり日記

こちら、Runmeter GPSを愛用しています。

このアプリは、画面のカスタマイズが可能で、コース毎の最高、最低、平均タイム、シューズ毎の走行距離なども管理出来ますし、もちろん、自動停止、再開機能、SNS連携など基本的機能も備えているため、とても気に入って使っています。

何故か、あまり人気は無いみたいですが^^;

問題として感じるのは

  • フルマラソンでもiPhoneを充電しなくてもバッテリーが持つものの、受信電波の弱い山でのトレッキングでは、バッテリー切れが怖くて使えない
  • トレッキングに加えて、トレランも始めたいと考えており、山での用途が増える
  • 山でのケータイは通信手段として重要であり、GPSログ取りのためにバッテリーを多く消費したくない
  • 走行時に確認するには、ポケットから取り出す必要が有る
  • タイムがシビアな数kmの短距離のレースなどでは、ポケットから出し入れしてのスタート、ストップが面倒

などです。

最初の頃はiPhoneを持って走ること自体面倒でしたが、iPhoneが入る後ろポケットの付いたランパンを買ってからは、問題では無くなりました。

短距離のレースはそう頻繁には無いため我慢出来たのですが、決定的なのが、今年になって始めたトレッキングであり、始めたいと思っているトレランでの使い勝手です。

結局、今までも有ったら便利とは思いつつ、iPhoneでも何とかなるので気持ちを抑えていたのですが、山に行くようになって、どうにも欲しくなったというのが正直なところです。

【DIY GPS】トレッキングに必須!カシミール3Dと連携してオフラインで使用可能なGPSマップを用意しよう! - なりなり日記

たまの位置確認用途なら、こちらのアプリを使えばいいのですが、実際に山でGPSログを取ると、数時間でバッテリーが尽きてしまいます。

※追記
なんと、今年のつくばマラソンの36km地点で、iPhoneがバッテリー切れ!その後は時間さえ分からずに走りました。最悪です(ー ー;)

もう、絶対にGPSウォッチを買うと決めました!

これまでのGPSウォッチは何故ダメだったのか

iPhoneでランニング管理をしてきた僕からすると、どうしても譲れないことが有ります。

それは、走行データのアップロードはiPhoneからでなければ嫌だということ。もはや、日々の生活の中で、PCなど起動することが皆無な僕からすると、走行データを管理サーバーにアップデートするために、わざわざPCを起動してUSB接続してなどという作業は論外なのです。

そしてついに、iPhoneと接続してログをアップロード出来る出来るGPSウォッチが出てきまして、それが、

  • EPSONのWristarable GPS SF-710S/510T/310G/W
  • GARMIN Forerunner 620/220

の二つのシリーズなのです(^-^)

それぞれの機能比較

Forerunner 620/220は名前が長いので、FR620/220と書く人もいるようなので、表はそれに習います。

SF-710 SF-510 SF-310 FR-620 FR-220
防水性 5気圧(50m防水)
心拍計測 オプション
ストライドセンサー
オートラップ
オートポーズ
インターバル
カラー シルバー タンジェリンオレンジ ライムグリーン/ホワイト ブラックブルー/ホワイトオレンジ ブラックレッド/ホワイトパープル
厚み 13.6mm 11.8mm 12.8mm 12.5mm 12mm
重量 59g 49g 50g 43.6g 40.7g
GPS動作時間 30時間 10時間
時計表示時間 20日間 42日間
動作温度 -5 ~ 50℃ 不明 不明
ピッチ/ストライド計測
インドア
タップセンサー
バイブレーション
Bluetooth
Wi-Fi
価格 34,800円 29,800円 24,800円 $400 $250

※220はバイブレーション対応でしたので、修正しました。
※620,220共にピッチ、ストライド計測可能でしたので、修正しました。


WristableGPS 製品・機能比較 SFシリーズ|製品情報|エプソン

EPSONのWristarable GPS SF-710S/510T/310G/Wに関する情報は、こちら、EPSONのサイトに詳しく書かれています。

日本のメーカーだけあって、説明が詳細かつ分かりやすいです。

僕的には、EPSONの地味なデザインが好きです。時計は派手なものは好きじゃない。


Garmin | Forerunner 220/620
http://sites.garmin.com/forerunnerCoach/

GARMIN Forerunner 620/220のサイトはこちら。

620/220は日本仕様のForeAthlete 620/220としめ発売されるはずですが、今のところグローバル仕様のForerunner 620/220を外国のサイトから直接購入するか、アマゾンなどで並行輸入品を購入するしかありません。

追記

既に日本語版が並行輸入品より安く提供されているので、こちらの方がお勧めです!


GARMINも前モデルは地味だったのですが、ランナー人口の増加に共なる女性ランナーを意識したのか、カラフルになりました。

新作ガーミン速報:進化しまくりのForerunner 220 & Forerunner 620が発売!! | Steel City Runner

GARMINのサイトだけだと今ひとつ分かりにくいので、こちらのサイトも参考にしました。

こちらにも書かれていますが、GARMINは前回のGPS情報を使って、素早くGPSをキャッチすることが出来るようです。

ソフトウェア比較

EPSON

Epson Run Connect

Epson Run Connect

  • EPSON
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料
こちらのアプリはログデータのアップロード専用です。BluetoothでGPSウォッチとiPhoneを接続してデータを吸い出し、EPSONのWebサイトNeoRunにアップロードします。もちろん、Windows PCとUSB接続してアップロードすることも出来ます。

WristableGPSとは? 便利なデータ管理|WristableGPS|製品情報|エプソン

NeoRunについての詳細はこちら。

GARMIN

Garmin Connect - Upload, Analyze and Explore Running, Cycling and Outdoor Activities

GARMINは、こちら、Garmin Connectにログをアップロードします。

Garmin Connect™ Mobile

Garmin Connect™ Mobile

  • Garmin
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料
アプリはログをアップロード出来るだけでなく、アプリ自体でログを閲覧出来ます。また、常時GPSウォッチとiPhoneをBluetooth接続しておいて、リアルタイムにGarmin Connectにアップロードして、家族や友達に走行状態を公開するLIVE Trackも利用出来ます。

アプリとしては、GARMINに一日の長が有る感じです。EPSONも頑張れ!

GPSウォッチへの一つの不満

EPSONもGARMINも管理項目にシューズが無いっぽいです。

僕の愛用ランニングアプリ

Runmeterは

f:id:narinarissu:20131122174835j:plain:w400

毎回どのシューズで走ったかを設定出来るので、シューズ毎の累積走行距離が分かります。

僕は、短めの距離の練習シューズと長距離用シューズを使い分けていますし、トレランを始めたら、もう一足追加です。

ですが、GARMIN connectはTCXかKML、NeoRunはGPXでエクスポート出来ますし、RunmeterはGPX、TCX、KML ファイルをインポート出来ますから問題無し。

エクスポートしたデータをiPhoneにメールして、添付ファイルをRunmeterで開けば取り込めます。

但し、エクスポートはiPhoneのブラウザーからでは出来ない気がしますから、PCから行う必要が有りそう。

結果、面倒だからシューズ毎の走行距離管理はやらなくなる予感^^;

まとめ

長時間使いたいならEPSONで決まり!

GARMINが10時間駆動なのに対して、EPSONの方が少しだけ重い代わりに30時間駆動出来ます。

僕の場合、10時間を越えて走り続けることが出来るのは随分先の話でしょうが、泊りがけで山に出掛ければ、10時間超えることは考えられます。

でも、そうは言っても、iPhoneを持つ関係でモバイルバッテリーは絶対に持って行くので、GPSの充電ケーブルを持って行って、夜寝る時に充電すれば良いだけですね。

そうではなく、ウルトラマラソンなどで10時間以上連続で走るというのであれば、EPSONを選んだ方がいいでしょう。

2014/6/7 追記

【GARMIN 620 / 220】計測中に充電することは出来ません! - なりなり日記

GARMINは計測中にバッテリー充電が出来ないので、ウルトラマラソンや100km超のトレランでは使えないようです。

ソフトやアプリの充実度はGARMINが上!

LIVE Trackを初めとして、iPhoneアプリもWebサービスも、GARMINの方が優れています。

但し、LIVE Trackを使うかはよく分かりません。

これを使うと、iPhoneアプリでログを取るのと大差ないくらいバッテリー消費したりしないかな?

バッテリーがもつなら、マラソン大会で先にゴールしたランナーが友達の位置を確認したりとか便利かも。

長距離ランに出かけた時に、何処まで行ってんのよ〜!と奥さんにイライラさせることも無くなるかもw

但し、僕のようにBluetoothヘッドセットで音楽を聴きながら走る場合は、この機能は使えません。これは盲点かも。

ココ走

ココ走

  • travel-db Co., Ltd.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

その場合は、このようなアプリを使った方がいいかもしれません。

2013/12/23 追記

実機で確認したところ、BluetoothヘッドセットとLIVE Trackは同時に使用することが出来ました!Bluetoothの仕様として同時接続出来るものみたいです。知りませんでした^^;

デザインは意外な決め手かも

GARMINがかつてのswatchを彷彿とさせるポップなデザインに振って来たのに対して、EPSONは従来からのシックなデザインを踏襲しています。

僕自身は、GARMINよりEPSONの方がシックで好きですが、若い方や女性にはGARMINの方が好まれるかもしれません。

近くのビックカメラで、SF-710、SF-510、SF-310の実物を見てきたのですが、随分コンパクトになっているのだなとびっくりしました。いわゆるダイバーズウォッチより小さいくらいです。

これなら、僕の細腕でも違和感は少なそうです(^-^)

僕自身は揺れてます^^;

川崎のビックカメラには510以外は在庫あり、ヨドバシカメラは310のみ在庫有りで、710は取り寄せになるとのことでした。売れてますね!

しかし、ここはちょっと落ち着いて、日本仕様のForeAthlete 620/220が発売されるまで、もう暫く悩もうかな。

510を買ってしまおうかと思っていたのですが、GARMIN connectやアプリの機能の充実ぶりに、ちょっとやられた感じです。

アメリカで9月に出たのだから、そろそろ日本版出してくれないかなぁ。クリスマス商戦始まりますよ〜!

追記

前モデルは
FORERUNNER 210 2010/8/4リリース
FOREATHLETE 210 2011/5/31リリース

えっ!日本語版は9カ月後なの!

てことは、
FOREATHLETE 220 2014/6リリース!
うーん。随分先の話だな…

グローバル版を買うか…