読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

山での本番前に実験!JETBOIL SUMOでカップヌードルを作ってみました

トレッキング

スポンサーリンク

f:id:narinarissu:20131115201917j:plain:w300

こんにちは、なりなり @narinarissu です(^ ^)


山頂でお湯が恋しい季節到来!簡単湯沸かしバーナーJETBOIL SUMOを買いました! - なりなり日記

先日購入したJETBOIL SUMOを山で使う前に、お試しで使ってみましたよ〜(^-^)

組み立て方

f:id:narinarissu:20131115202201j:plain:w300

まずはスタビライザーにボンベをセット


f:id:narinarissu:20131115202241j:plain:w300

コンロのガス量調整つまみを右に回して締めてから、しっかり右に捻じってボンベに取り付け


f:id:narinarissu:20131115202443j:plain:w300

ボンベのポッチとポットの窪みを合わせて、ボンベにポットを取り付けます。


f:id:narinarissu:20131115202615j:plain:w300

これでセット完了!


お湯を沸かそう!

ガス量調整つまみを左に少しだけ回してガスを少量だしたら、黒い着火ボタンをカチッと押せば、


f:id:narinarissu:20131115204418j:plain:w300

無事着火!簡単ですよ!

お湯を500ml入れて沸かしたところ、2分ほどで沸騰しました。速いですねー!


f:id:narinarissu:20131115221106j:plain:w300

  • 1Lを4.25分で沸騰可能
  • 230gで120分燃焼可能なので、100gなら52分燃焼可能
  • 230gで24L沸騰可能なので、100gなら10.4L沸騰可能
  • ポットの容量は1.8Lですが、実際に使えるのは1.25Lまでのようです。

SUMO|モンベル

モンベルのサイトにも詳細説明が出ています。

沸くのが速いのには、ポットを包むネオプレーン素材による保温性も有るでしょうが


f:id:narinarissu:20131115204848j:plain:w300

ポット底面のフィンの効果が大きいのでしょう。これによってバーナーの熱が効率良くポットに伝わるのだと思います。


f:id:narinarissu:20131115220512j:plain:w300

付属の五徳を付ければ普通のコンロとして使えます。

カップヌードルを作る

f:id:narinarissu:20131115205107j:plain:w400

カップヌードルといっても、使うのはこちら、カップに入っていないカップヌードルです。カップヌードル・リフィルというらしい。

これが、コンパニオンカップに丁度いい感じなんです。コンパニオンカップには蓋も付いてますし。


f:id:narinarissu:20131115220136j:plain:w300

バッチリ(^-^)v

収納の仕方

f:id:narinarissu:20131115220837j:plain:w400

仕舞う順番に並べてみました。
下の列から左から右へ順に収納します。


f:id:narinarissu:20131115222420j:plain:w400

f:id:narinarissu:20131115222441j:plain:w400

f:id:narinarissu:20131115222504j:plain:w400

f:id:narinarissu:20131115222655j:plain:w300

ピッタリ収まりましたね。

この感じだと、コンパニオンカップと合わせてピッタリ収めるには、ガスボンベは100gタイプでなければいけなそうですね。


さーて、準備万端!
山で使うのが楽しみです(^-^)