読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

【iOS7.0】iPhoneが勝手にGPS情報を取得するのを制限する方法

iPhone

スポンサーリンク

こんにちは、なりなり @narinarissu です(^ ^)

iOS7になって、GPSマークが表示される機会が増えた気がしませんか!?

僕は何と無く気になっていました。
勝手に位置情報を収集されるのも嫌ですし、バッテリーも無駄に消費するはずなので。

iOS6ではどうだったのか忘れてしまいましたが、iOS7では、以下のような設定が有ります。

f:id:narinarissu:20131016100144j:plain:w300

設定→プライバシー→位置情報サービスには、位置情報サービスそのものをオン/オフしたり、GPSを使う可能性の有るアプリごとに、機能をオン/オフすることが出来ます。

GPSそのものをオフにする人は中々いないでしょうから、取り敢えずインストールしてあるけど普段使わないアプリに対しては、オフにしておきましょう!

App Storeとか、位置情報使う必要無いです。


f:id:narinarissu:20131016100630j:plain:w300

下の方に目をやると、一番下にシステムサービスなるものがありますね。怪しい!


f:id:narinarissu:20131016100714j:plain:w300

更に、利用頻度の高い位置情報を開くと


f:id:narinarissu:20131016100723j:plain:w300

マップの改善のために位置履歴を使うとか、嫌です!オフ!

位置履歴も消去!

これで、一安心(^。^)

GPSマークが表示される頻度も減りましたよー!


関連するエントリー

iPhone 5s / 5cとiOS7.0に関する20のTipsまとめ - なりなり日記


検証環境:SoftBank iPhone 5(iOS7.0.2)