読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

出ましたiPhone 5s/5c!iPhone 4S/5と徹底比較!

iPhone

スポンサーリンク

f:id:narinarissu:20130911120813j:plain:w400

f:id:narinarissu:20130911120911j:plain:w400

こんにちは、なりなり @narinarissu です(^ ^)

出ましたね!iPhone 5sと5c!(現状のAppleのサイトではsとcは小文字です)

docomoからもちゃんと出ました。

アップル - iPhone - 比較

Appleのサイトにスペック比較一覧が載っているのですが、去年はiPhone 5/4S/4の一覧だったのに、このページがiPhone 5s/5c/4Sの一覧に置き換わっています!

iPhone 5と比較されたくないのかな??

iPhone - Wikipedia

ウィキペディアを見れば、過去の全てのiPhoneの仕様一覧が載っています。


では早速、注目ポイントを比較しながら見ていきましょう。


対応キャリア

f:id:narinarissu:20130911123128j:plain:w400

事前の報道通り、docomoからも発売されて、三キャリア揃い踏みになりました。

で、どこにすべきかは、iPhone 5s/5cの対応周波数帯と料金次第ですよね。


LTE対応周波数帯

自分で調べようとしましたが、既に幾つかのサイトが発表していますので引用します。

iPhone 5s / 5c のLTE詳細、プラチナバンド対応はドコモ・auから。ソフトバンクは来年 - Engadget Japanese

iPhone 5sと5cはauの800MHz帯に対応!電波が大幅に改善されるかも! | iPhoneアプリ/iPadアプリを探すならmeet i [ミートアイ] | iPhone情報ポータルサイト

要するに

  • docomoとauのメイン周波数帯(プラチナバンド)の800MHz帯に対応
  • SoftBankのプラチナバンド900MHz帯にも対応しているが、SoftBank側のプラチナバンドでのLTE展開が遅れている(実はこっそり進めている可能性は有り)
  • docomoとauの1.5GHz帯には非対応
  • SoftBankのTD-LTEには非対応

ということなので、速度は別として、エリアに関しては、SoftBank完敗となる公算です。

製品発表時点で、ここまで詳細に周波数帯まで公開されるのは、iPhoneでは初めてです。

docomoからの発売も合わせて、AppleのAndroid陣営、というよりサムスンに対する危機感の表れなのでしょう。


サイズ/重さ

iPhone 5s iPhone 5c iPhone 5 iPhone 4S
サイズ 123.8×58.6×7.6mm 124.4×59.2×8.97 mm 124.4×58.6×7.6mm 115.2×58.6×9.3mm
重さ 112g 132g 132g 140g


4Sだけ液晶が小さい分縦が短い以外は、どれも大差ないです。

5cはボディが3GS以来のポリカーボネートに戻って、かつ、カラフルになりましたが、大抵の人はケースをするでしょうから、どうなのですかね。意味が有るのでしょうか?


タッチセンサー

5sのみ対応です。

パスワード入力が省ける程度なら大したこと無いと思いましたが、液晶オフ状態からホーム画面まで一気に行けるとなると、かなり便利ですね!


リアカメラ(メインカメラ)

iPhone 5s iPhone 5c/5/4S
解像度 8メガピクセル(15%大きなセンサー) 8メガピクセル
開放F値 f2.2 f2.4
フラッシュ True Toneフラッシュ(撮影時の自動調光機能有り) LEDフラッシュ
連写機能(バーストモード) 10枚/秒 無し
マルチショット 連写した中からベストショットを自動検出 無し


ビデオ撮影

  • スローモーション撮影 5sのみ対応
  • 手ぶれ補正 5sのみ強化
  • 動画撮影中の写真撮影 5s/5cで対応


FaceTime音声通話

これまでのFaceTimeは、スピーカーフォンでのビデオ通話専用でしたが、4Sから5s全てのiPhoneで音声通話が出来るようになるということは、スピーカーフォンでなくても通話出来るということでしょう。

つまり、iPhone同士では、従来の電話が不要になったわけで、家族が皆iPhoneであった場合は、キャリアが違っても無料通話が出来るということです。

ファミ割の縛りにさようならですよ!恐るべしiPhone!

IP電話サービスが幾つも出ていますし、今更、キャリアも文句を言わなくなったのでしょうか。


バッテリー駆動時間

iPhone 5s iPhone 5c iPhone 5 iPhone 4S
待ち受け 250時間 250時間 225時間 200時間
通話時間 10時間 10時間 8時間 8時間
インターネット(Wi-Fi) 10時間 10時間 10時間 9時間
インターネット(3G) 8時間 8時間 8時間 6時間
インターネット(LTE) 10時間 10時間 8時間 -

全般に伸びていますね。
特に、処理速度が大幅に違う5sと5cがまるっきり同じバッテリー駆動時間というのが凄いです。



プロセッサー

4SはA5、5と5cはA6、5SはA7です。

廉価版の5cはプロセッサー据え置き、高機能版の5sは進化ということです。


NFC非対応…

そろそろ対応してくれないでしょうか…僕的に、iPhoneへの数少ない不満です。


まとめ

以上、直近の噂通りだったので驚きは有りませんが、廉価版リリースとdocomo対応ということを合わせると、恐ろしいくらい売れることは確実です。

こうしてまとめてみると、僕的には、5sは指紋センサーは意外と使えるし、バッテリー駆動時間も伸びているし、カメラも良くなっているし、またまた買ってしまっても良いかもと思い出しました。

5から5cへの乗り換えは無いかな。料金プランにもよるかもしれませんが。僕の場合、アプリとか絞り込んでみたけど、32GBには収まらなかったのて、やはり、5cは無しです。

auの5ユーザーが5cへ乗り換えは有りですか。800MHz帯が使えるようになるので、LTEエリアが一気に広がります。その代わり、auの800MHz帯のLTE速度の大幅低下は避けられないでしょうけど。今まではAndroidで独占していたところに、iPhoneが加わるわけですから。


料金プランの発表は?

明後日13日から、各社、5cの予約スタートですが、去年の感じからすると、料金発表は20日の発売直前を待たなくてはならないかもしれません。

docomoは無理な低価格は仕掛けて来ないと思います。彼らは、MNPでの流出を防げば良いのですから。今docomoに残っているユーザーは、料金的に劣っても、docomoを離れないでしょう。

auもLTEネットワーク的に最も有利ですから、低価格は仕掛けないでしょう。

問題は、LTEネットワークで圧倒的に不利になったSoftBankがどう動くかです。


あとは、最低容量のiPhoneは既に実質無料で提供されている状態で、更に安い5cをどのような料金体系で提供するか、これは、各社共通の悩みかもしれませんね。


いずれにしても、楽しみに待ちましょう(^。^)