読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

iPhone 5発売前日にして、ついに始まったauとSoftBankのガチンコバトル!

iPhone

スポンサーリンク

こんにちは、なりなり @narinarissu です(^ ^)

やっぱiPhoneは凄いですねー!

これまで様子見を決め込んで来たauとSoftBankのLTE対応を、ここまで本気にさせるのですから。

iPhone 5発売目前 5つの「やりましょう」で改めて魅力を打ち出すソフトバンク - ITmedia プロフェッショナル モバイル

 またLTEのネットワークも、ライバルとなるKDDIよりも広く、速いと説明。KDDIが2.1GHz帯で展開している基地局の数は、免許の申請ベースで4516局しかないこと、一方ソフトバンクモバイルは1万673局あることを指摘し、孫氏は「LTEエリアの広さ、基地局の多さ、電波の届く範囲はKDDIの倍以上先行している」と胸を張った。

と口撃すれば、

KDDIが反論「LTE基地局数は都内なら勝てる」--LTE戦国時代に突入 - CNET Japan

SoftBankの免許の申請を出しているところを見ると地方が多く、地方で数を稼いでいる。でも、LTEが必要なのは都市部の人。都内だけでみればうちのほうが多い。山の手線エリアはカバーしており、使う人がいるところを中心に入れている

と応戦です。

えっと、山の手線の外はSoftBank有利ってことでOKですか?都心部以外はスカスカだと認めちゃいましたね(^_^;)

SoftBankは放っておいても山の手線内のLTEは苦戦するはずなのですが、記事になりやすい山の手線内を優先しましたか…

でも、SoftBankも発表では、全国の政令指定都市以外については言及していませんから、郊外はSoftBank有利とも言えません。


結局、どっちもどっち?


3Gであまり2.1GHzを使っていないauは、その気になればLTEを増設しやすいけど、iPhone 5以外のことを考える必要が有るので、2.1GHzだけ増設するわけにもいかない。

既にiPhoneの3Gによって都市部の2.1GHzがパンパンなSoftBankは帯域を確保するにはプラチナバンドを設置して行く必要が有る。その代わり、iPhoneのことだけ考えれば良いので話はシンプル。


てことは確かでしょう。


僕の周りで見ていると、今のところMNPするという話は聞かないので、僕のauと比較出来る機会は多そうです。


まあ、一番賢いのは、明日以降たくさん出てくるであろう、auとSoftBankの3G/LTE速度比較記事をよく見たり、周りにいる僕のような新しもの好きのiPhone 5購入者に現実を教えて貰ってから決めることでしょうか。

電波の状況に関しては、自分の周りの人の情報が一番確かですから。