読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

iPhone 4とiPhone 4Sの仕様を速攻比較!iPhone 4Sは買いなのか?

iPhone

スポンサーリンク

いやいや、ようやく、本当に待ちに待って待ちくたびれた、iPhone 4Sが発表されましたね!

しかも、10月14日発売って、来週末じゃないですか!

とはいえ、僕もそうですが、iPhone 5として大幅変更が有ると思っていた多くの人にとっては、正直、肩透かし気味ですよね(^^;;

写真などはAppleのサイトを見て頂くとして、仕様的にどれだけ変わったのか、比較してみます!もうね、比較のための表も、数ヶ月前から準備して待ってたんですよ(^^;

アップル - iPhone 4S - 技術仕様

こちら出来たてホヤホヤ、iPhone 4Sの公開仕様です。


iPhoneはスペックだけでは語れませんが、そうは言っても気になりますよね!ということで、早速、一覧表で比較してみましょうo(^▽^)o

仕様比較一覧

以下、iPhone 4については公開仕様以外に分解記事などによって判明していること、自分で使っていて知っていることなども含んでいますが、iPhone 4Sに関しては、公開仕様からの単純な抜き出しです。

仕様 iPhone 4 iPhone 4S
対応キャリア(1) SoftBank SoftBank、au
サイズ/重量(2) 115.2×58.6×9.3mm/137g 同サイズ/140g
3G通信方式(3) UMTS/HSDPA(7.2Mbps)/HSUPA (850、900、1900、2100 MHz) HSDPA(14.4Mbps)対応、CDMA EV-DO Rev. A(800、2,100MHz)追加
Wi-Fi Wi-Fi 802.11b/g/n (802.11nは2.4GHzのみ) 同左
Bluetooth(4) 2.1 + EDR 4.0
位置情報 Assisted GPS (A-GPS)、デジタルコンパス 同左
バッテリー リチウムイオン3.7 V 1420 mAh リチウムイオン3.7 V 容量不明
最大通話時間(5) 7時間、連続待受時間300時間 8時間、連続待受時間200時間
インターネット利用最大時間(5) 3G:6時間、Wi-Fi:10時間 3G:6時間、Wi-Fi:9時間
最大再生時間 ビデオ:10時間、オーディオ:40時間 同左
フラッシュメモリー容量 (6) 16GB、32GB 64GB追加
プロセッサ(7) A4 A5デュアルコア
ホワイト、ブラック 同左
ディスプレイ Retinaディスプレイ、3.5インチ(対角)ワイドスクリーンマルチタッチディスプレイ、960×640ピクセル 解像度326ppi、800:1コントラスト比(標準)、最大輝度 500 cd/m2(標準)、耐指紋性撥油コーティング 同左
オーディオ再生 周波数特性:20Hz〜20,000Hz、対応するオーディオフォーマット:AAC (8〜320 Kbps)、保護されたAAC (iTunes Storeから購入)、HE-AAC、MP3(8〜320 Kbps)、MP3 VBR、Audible(フォーマット2、3、4、Audible Enhanced Audio、AAX、AAX+)、Apple Lossless、AIFF、WAV 同左
ビデオ再生 対応するビデオフォーマット:H.264ビデオ:最大720ピクセル、毎秒30フレーム、メインプロファイルレベル3.1(最高160KbpsのAAC-LC);MPEG4ビデオ:最高2.5Mbps、640x480ピクセル、毎秒30フレーム、シンプルプロファイル(最高160KbpsのAAC-LC)、;Motion JPEG(M-JPEG):最高35Mbps、1280x720ピクセル、毎秒30フレーム 対応するビデオフォーマット:H.264ビデオ:最大720ピクセル、毎秒30フレーム、ハイプロファイルレベル4.1(最高160 kbpsのAAC-LC、48kHz、ステレオオーディオ)、ファイルフォーマット.m4v、.mp4、.mov ; MPEG-4ビデオ:最高2.5 Mbps、640 x 480ピクセル、毎秒30フレーム、シンプルプロファイル(チャンネルあたり最高160 KbpsのAAC-LC、48kHz、ステレオオーディオ)、ファイルフォーマット.m4v、.mp4、.mov ; Motion JPEG(M-JPEG):最高35 Mbps、1,280 x 720ピクセル、毎秒30フレーム、ulawオーディオ、.aviファイルフォーマットのPCMステレオオーディオ
メイン(背面)カメラ (8) 5メガピクセル、720p HDビデオ(最大30 fps、オーディオ入り)、LEDフラッシュ 8メガピクセル、1080p HDビデオ(最大30 fps、オーディオ入り)、LEDフラッシュ、手振れ補正、顔検出(静止画)
サブ(表面)カメラ VGA画質の写真とビデオ(最大30fps) 同左
カメラ共通機能 タップでのフォーカス コントロール、LEDフラッシュ、写真とビデオへのジオタグ添付 同左
センサー 3軸ジャイロスコープ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー 同左
メール添付ファイル .jpg、.tiff、.gif(画像) .doc、.docx (Microsoft Word) .htm、.html(ウェブページ) .key(Keynote) .numbers(Numbers) .pages(Pages) .pdf(Preview、Adobe Acrobat) .ppt、.pptx(Microsoft PowerPoint) .txt(text) .rtf(リッチテキストフォーマット) .vcf(連絡先) .xls、.xlsx(Microsoft Excel) 同左
価格 16GB 46,080円(0円)/32GB 57,600円(11,520円) 未発表

注目ポイント比較

注目ポイントというか、iPhone 4とiPhone 4Sの相違点に着目して見ていきましょう。

(1)対応キャリア

今回から、auに対応です。予想通りdocomo外しという事になりました。今後の各社の純増数に興味津々です。

もうdocomoからは出ないということでdocomoを見限る人も居るでしょうし、iPhoneを諦めてAndroid購入に踏み切るdocomoユーザーもいるでしょう。

僕自身は、SoftBankで困ることは、地方に出かけた時の、それも、極稀に繋がらない事が有ることくらいなので、auに変える気は無いです。逆に、エリアで劣るSoftBankは、通信料でメリットを出して来ると期待しています。

現状ではau一人負け状態のために回線は空いているでしょうが、今回のiPhone発売でスマートフォンユーザーが急増して、回線が逼迫する可能性も有ります。

SoftBankの通信速度に不満が有る人が慌てて飛びつくのは危険だと思います。エリアに不満の有る人は、auに乗り換えて正解の可能性が高いでしよう。

新規にiPhoneを買うなら、auユーザーは当然auにするでしょう。docomoユーザーもauに多数流れるのでは。

結局、やはり、SoftBankの純増には急ブレーキが掛かるでしょう。SoftBankには申し訳無いけど、現ユーザーとしては、これ以上の急激なユーザー増加には、SoftBankの回線が追いつかないと思ので、歓迎です。

050 plus | NTTコミュニケーションズがIP電話でSkypeとソフトバンクにガチンコ勝負を仕掛けた! - なりなり日記

電話代がauの方が安いよという方は、そろそろ回線交換電話(いわゆる、普通の電話)の呪縛から離れてみては?

たまに調子悪いことが有りますけど、auでの通話より、IP電話の方が格段に安いですよ。ついでに、家電がある場合は、そちらの解約も検討しましょう。

僕は既に、SoftBank相手で無料通話時間帯以外の通話では、全て050 plusを使っています。


(2)サイズ/重量
サイズは変わらず、たった3gの増加ですから実害は有りませんが、ちょっとあれ?って感じですね。
薄型化とかいろいろ有ったガセネタは、いつもの事ながら何だったのか。

ただ、ケース内にSuicaを仕込んで使用している僕としては、形状変更されなかったのは歓迎です。
iPhone 4をおサイフ対応にしてみた - なりなり日記

(3)3G通信方式

  • HSDPA 受信最大7.2Mbpsから14.4Mbps(送信は5.76Mbps)に高速化(SoftBank採用ののWCDMA方式)
  • CDMA EV-DO Rev. A対応(au採用のCDMA2000方式、受信最大3.1Mbps/送信最大1.8Mbps)

規格としては、SoftBankのW-CDMAの方が上ですが、最大スピードが出る場所は限定的でしょう。実力比較は、発売後に色んなところからレポートが出て来るはずなので、気になる人は、レポート待ちですかね。

2011/10/14 追記

auとソフトバンクどっちのiPhone 4Sが快適? データ通信速度を実測比較

こんな検証結果が出て来ました。auは予想以上に遅いみたいです。

やはり、auを選ぶのはエリアの広さ期待の場合で、速度期待で選ぶと後悔しそう。

iPhone 4S、「SoftBank版」と「au版」の気になる通信速度を屋内・屋外で比較! iPhoneニュース meet i [ミートアイ]

逆に、別の場所ではauが早かったとの検証結果も出てました。

2011/10/26 追記

SoftBankとauのiPhone 4Sの通信速度差を実機で比較! - なりなり日記

自分でSoftBankとの速度比較を実機検証する機会が有りました!ご参考に!


(4)ブルートゥース
Bluetooth 2.1 + EDRから、4.0に変更されています。
Bluetooth - Wikipedia

Wikipediaによれば、

バージョン 非対称通信時の最大速度 対称通信時の最大速度
2.x+EDR 下り2178.1kbps/上り177.1kbps 1306.9kbps
4.x ? 1.0Mbps

従来のバージョンに比べ大幅に省電力化された。Bluetooth SIGが公開する資料によれば、ボタン電池1つのみでも数年駆動可能としている。転送速度は1Mbpsだが、データパケットサイズが8 - 27オクテットと非常に小さくなっている。これは、例えば家電製品などに搭載されたセンサとのデータ通信に向けた仕様となっている。この点が3.0+HSと方向性が異なっており、ベンダは3.0+HS、4.0をそれぞれ目的別に採用するものとされている。2009年12月公開。
また、4.0は以前のバージョンとの互換性を持たない。ただし、ホスト側は2.1もしくは3.0を組み込んだ「デュアルモード」を実装できる。

となっています。2.1もしくは3.0への対応についての記載は有りませんが、少なくとも2.1には対応しているものと思われます。


(5)バッテリー駆動時間
一部、まさかの減です。

  • 通話時間は、7時間から8時間に増えています。
  • 連続待受時時間が、300時間から、200時間に減っています。
  • インターネット利用最大時間は、Wi-Fi利用時10時間から9時間に減っています。

A5デュアルコアプロセッサの消費電力が多いのかと思いきや、Appleは違うこと言ってますね…


(6)フラッシュメモリー容量
iPadと同じ、最大64GBモデルが追加されました。

僕の様に、カーナビなどの大容量アプリを沢山インストールしていたり、大量のビデオや音楽を入れたい人には朗報です。

僕的には、64MBが出てホッとしました。カーナビアプリNavieliteなどは、バージョンアップ時に余分な空き容量を必要とすることも有り、頑張ってアプリを厳選していたので。


(7)プロセッサ


A4プロセッサから、A5デュアルコアに変更されています。

パフォーマンス2倍、グラフィックの処理能力は7倍、バッテリーは長持ちとなっています。

処理能力の飛躍的な向上は嬉しいですね。ただ、バッテリーはどうなのでしょう?現に、待ち受けやインターネット出来る時間が短くなっています。

RAM容量が相変わらず非公開ですが、さすがにデュアルコアにしてるから、倍容量とかになっているのでは。


(8)メインカメラ
500万画素720p HDビデオから、800万画素1080p HDビデオに変更されています。これなら、Apple TVを使っての大画面表示にも耐え得る動画が撮れますね。

レンズが改良されて画質向上、顔認証も付きましたから、画素以上の画質向上が期待出来そうです。

光学ズームが無いのは仕方無いでしょう。

総評

僕は、まあ、ここでレビューもしますし、現状、カーナビなどの大容量アプリを沢山入れているために、32GBのフラッシュメモリーでは既に不足しているため、買う気満々です。でも、果たして、一般的に考えて買いなのでしょうか?

  • iPhone 3G、3GSユーザー

間違いなく買いです。劇的な画質や処理速度向上に感動すること間違いなしです。

  • iPhone 4ユーザー

特に不満を抱えていなければ、iPhone 5待ちでしょうか。買い換える人は少数だと思います。

  • その他

LTE対応してないからという人は、iPhone 5を待ってみてもいいんじゃないですかね。iPhone 5が対応する保証も無いですけど。Appleは、安価で集積化されたチップが出て来るまで採用しないでしょう。LTEの本格的な普及は再来年からでしょうし。

買おうか悩んでいるが、問題は、auにすべきかSoftBankにすべきか悩んでいる人は、すぐに出て来るであろう、レポート待ちでしょう。

※ていうか、次のiPhoneは5なのか?iOSが5のままで端末だけ新製品出すなんてしないだろうから、iOSは6になる訳で、そしたら、iPhone 5は欠番になって、次はiPhone 6?それとも、LTEに対応するだろうから、iPhone 4G?そのために、iPhone 5にしなかったのか?うーん、まあ、どうでも良いですかね…

残念だったこと

Wi-Fiの11a非対応

11aは5GHz帯を使うので、2.4GHz帯の11gと違って電子レンジとの干渉が有りません。iPad同様採用して欲しかったです。

NFC非対応

そろそろ対応して来ると思ったのですが。iPhoneが対応すれば、国内サービスでもFeliCaだけでなく、NFCに対応してくると思うのですが。

NFCなら、スマートフォンをリーダーに出来る様なので、チェーン店以外への普及も見込めます。

Suicaも巻き込んだNFC化は、もう少し先ですか…

私事ですが…

iPhone 3G、iPhone 3GS、iPhone 4と、端末毎に分けていた当ブログのカテゴリーを、本日からiPhoneに統一します。どこまで増えていくか分からないので(^^;;

過去記事のカテゴリーは修正しませんが。

その代わり、記事の末尾に、検証に使った端末とOSのバージョンを明記する予定です。キャリアも必要かな??

iPhone 4SとiOS5.0に関するまとめ記事はこちら

iPhone 4SとiOS5.0に関する23のTipsまとめ - なりなり日記