読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

Nike+GPS | フルマラソンでも最後までバッチリ!

iPhone

スポンサーリンク

先日、湘南国際マラソンでフルマラソンを走って来ました。

第5回湘南国際マラソンに参加しました - なりなり日記

去年はiPhone 3GSとRunKeeper Proで走りました

あの時はまだiOS3.xでしたから、マルチタスクが出来ませんでした。

めぼしいアプリとしては、RunKeeper Pro(1,200円、確か今月中は無料)RunKeeper Pro - FitnessKeeper, Inc.位でしたので、これを愛用していました。当然、マラソン当日もRunKeeper Proでログを取りながら走ったのですが、メールや電話がかかって来ては、一時停止、写真を撮ったり、関門の位置確認をするのに一時停止、そしてレジュームの繰り返し。

かなーり、めんどい(^^;;

更に、3GSでRunKeeperを使うと、相当なバッテリー消費量でしたから、外付けバッテリーに繋いだままポーチに入れていました。

今年はiPhone 4とNike+GPS

Nike+GPSとRunKeeper | ランニングのお供アプリの比較 - なりなり日記 Nike+GPSとRunKeeper | ランニングのお供アプリの比較 - なりなり日記

今年は、こちらでもご紹介したように、iPhone 4とNike+GPS(230円)Nike+の組み合わせなら、他に余計なことをさせなければ、1時間に1%しか消費しないという、結果が出ていましたし、

Nike+ GPS | 日本語対応で使いやすくなった - なりなり日記

アナウンスが日本語になったり、安田美沙子や清原の応援メッセージが流れたりして楽しいので、Nike+GPSでログを取りながら走りました。

もちろん、バッテリーの不安は有ったので、

iPhone 4・iPad用お勧め外付けバッテリー2010/10版 - なりなり日記 iPhone 4・iPad用お勧め外付けバッテリー2010/10版 - なりなり日記

こちらで推薦している、ポケットバッテリー 2200mAhもポーチに入れては有りました。

さらに、これはあくまでランニング時用なので、行き帰りの電車内などでバッテリーが切れたりしない様に、SANYO KBC-L2BSも持参です。

川崎の自宅から大磯に行くだけなので、通常なら過剰装備ですけど、何せ一日ハードにiPhoneを使いますから。


朝からテンション高いので、メールしたりTwitterしたり、写真を撮ったりで、会場に着く前に既にバッテリーは少し減ってますから、走り出しに備えて、SANYO KBC-L2BSでiPhoneを充電します。

走る前にチェ〜ック

SANYO KBC-L2BSは、他の荷物と一緒に荷物置き場に預けて、ポケットバッテリー 2200mAhをポーチにしまってスタート地点に向かいました。

その前に、iPhoneのバッテリー消費を極力減らすために

・メールはフェッチ、かつ、読み込みは手動になっていることを確認
・Wi-Fi、BluetoothをOFF
・Twitterだけ残して、他のプッシュをOFF
・ホームボタンをダブルタップして、バックグラウンドで動いているアプリを全て停止

この辺りを確認しました。

さてさて、スタートです

スタート地点までは、まだほど遠いですが、ゴールゲートの向こうに並ぶ大量のランナーをパシャり、スタート地点付近にたどり着いたら、お立ち台で手を振る長谷川理恵をビデオ撮影、スタート地点に到達したら、Nike+GPSスタート、その後は、前半は結構飛ばしていたので何もしませんでした。

後半はバテてきたので、Twitterしたり、友達からの応援メールに応えたり、写真を撮ったりと、iPhoneを結構酷使してのランニングでした。


37km地点で歩き出して、残り3km位のところで、バッテリーの残りが20%を切りました。

このままでも最後まで行けたと思いますが、普段、10%台まで使い切ってないので、何となく不安になり、ポーチに入っているポケットバッテリー 2200mAhで充電しました。


こんな感じでしたから、Nike+GPSなら、Twitterやメールしたり、写真撮ったりしながら、楽しく?フルマラソンが出来ます。

やっぱり、Nike+GPSがお勧め!

おそらく、4時間を切る位のランナーなら、Twitterとかで遊んでいる暇が無いし、時間も短いので、RunKeeperでも問題無いでしょうが、僕レベルのランナーは、気を紛らわさないと最後までもちませんから、Nike+GPSがお勧めです。

バッテリー持たなくても行けますし、心配なら数十%充電出来る程度のバッテリーを持てばd(^_^o)


RunKeeperでも、iPhoneを一回充電出来る外付けバッテリーを持っていれば大丈夫だとは思いますけどね。

Nike+GPSならゴール後に、安田美沙子(一緒に大会に参加していたご本人はとっくに引き上げていましたが)の「おめでとうございます!」なんてメッセージが流れます。


はっきり言って、後からランニングを振り返ったりするのには、RunKeeperのサイトの方が格段に優れています。ランニング中もスプリットタイムやら何やら、色んな情報を提供してくれるRunKeeperの方が優れているのは明らか。


でも、そこまで要らないかなと言うのが僕の感想です。Nike+の楽しさの方が上。


どのみち、今月中はRunKeeper Proは無料なので、是非ダウンロードして、しばらく同時に使ってみると良いです。

ランニングのお供アプリは、この二つのどちらかで間違い無し!

追記

Surpassed expectations and some news | RunKeeper

RunKeeper Proは、完全無料化されたそうです!さて、収益性をどう確保するのか?