読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

RunKeeperのご紹介

iPhone

スポンサーリンク

これまで、ランニングのお供には、iTrail 350円 iTrail を使っていたのですが、速度の計測を瞬時値で行っているため、10km/hと表示されたり、0km/hと表示されたりで、自分がどの程度のペースで走っているのかが分からないのが不満でした。


代替アプリを探していたところ、RunKeeperがちゃんと平滑化して表示してくれそうなので、まずは、RunKeeper Free RunKeeper Free を試してみました。


f:id:narinarissu:20090823204646j:image
起動時の画面です。僕はiPhone 3GSですが、起動して1〜2秒でGPSをキャッチして、スタート出来る状態になります。

測定を開始すると、真ん中の点々に棒グラフが表示されて、速度かペース(1時間で進む距離)が表示されます。


右上のマークをタップすると、MAP表示に切り替わります。


更に、このアプリの良いところは、iPhoneのスリープボタンを押しても動き続けるところです。

ITrailもロックモードにして画面輝度を最小にしてやれば、消費電力的には同じでしょうが、スリープボタンを押してしまうと、動作が停止てきまうので、RunKeeperの方が安心です。


f:id:narinarissu:20090823205048j:image
ストップすると、履歴として保存され、更に、設定に依っては自動的にRunKeeperのMy Pageにアップロードされます。

アップロードの前に、RunKeeperのサイトで無料アカウントを作成しておく必要が有りますが。

左に青丸が付いているのが、アップロードロード済みのデータです。


f:id:narinarissu:20090823205325j:image
履歴を表示したところです。

トータルの平均速度、時間、ペース、距離が上のエリアに表示されています。

棒グラフをタップすると赤く反転し、その区間での平均速度とペースが表示されます。



設定では、


f:id:narinarissu:20090823205540j:image
運動の種類が設定出来て、My Pageでは、この種類毎に分別出来ます。


f:id:narinarissu:20090823205707j:image
終了と同時にデータをアップロードするか、表示されますをkmにするかMileにするか、棒グラフを速度にするかペースにするか選べます。



f:id:narinarissu:20090823211249j:image
RunKeeperのMy Pageです。


f:id:narinarissu:20090823211743j:image
アップロードしたデータを選ぶと、ルートやペースが表示されます。


f:id:narinarissu:20090823211455j:image
プロフィールを設定したり


f:id:narinarissu:20090823211543j:image
Twitterに公開したり


f:id:narinarissu:20090823211615j:image
表示の設定が出来ます。


無料版は、Google AdSenseやが表示されますが、特に邪魔では無いので、かなりお勧めです。




RunKeeper Pro 1200円 RunKeeper Pro はGoogle AdSenseが表示されないだけでなく、音声案内によって、一定時間、または一定距離毎に、速度やペース、距離などをアナウンスしてくれます。

更に、予め作成したメニューに従って、ウォームアップ開始、終了、ペースを上げろ、落とせ、終了などといったことも教えてくれます。


バックグラウンドで音楽も聞けます。


なかなかの優れ物で気にいったので、購入してみました。これらの機能のレビューは、また後日(^ ^)