読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

人月単価の不思議

政治経済

スポンサーリンク

f:id:narinarissu:20090723160007j:image
日経BPnetに面白い記事を見つけました。


http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090709/333489/?ST=biz_leader

ビジネスリーダーに贈る 経営とIT新潮流
第20回 「1人月150万円」が「年収1800万円」ではない理由


僕も管理職の端くれなので、外注費用を管理していたりします。


その中には派遣さんも居るのですが、結構な人月単価を支払っています。

もちろん、必要な方なのですが、冷静に考えて、恐らく彼にはその半分も支払われてはいないと思えるくらい払っています。


もともと彼は、請負契約の一人で有ったのが、一人しか必要なくなったため、1人派遣をお願いしたところ、彼が選ばれてやってきたのでした。


ここまでは良いのですが、彼に支払われている人月単価は請負契約時と同じに設定されたままです。


請負契約と、こちらの指示どおりに動いてもらうだけの現在の派遣契約とが、同じ人月単価というのは、冷静に考えておかしいですね。


う〜ん、これは、次回の更新時に話し合うべきか、でも、そこで下げたら、彼の月給がどうなるのか。。。


この話、しばらく続くみたいなので、注目してみます。