読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

KBC-L2SでiPhone 3GSを充電

iPhone

スポンサーリンク

三洋のエネループ モバイルブースターKBC-L2SでiPhone 3Gが空の状態から満充電を出来ることは周知の事実ですが、


http://d.hatena.ne.jp/narinarissu/20090703/1246626981
なりなり日記 - iCharge eco MiniでiPhone 3GSを充電してみる


ここで報告したように、出力規格が500mAのiCharge eco Miniでは、iPhone 3GSの充電が全く出来ませんでした。

USB出力端子を2つ持つ、KBC-L2Sの出力規格は、500mA × 2となっているので、果たしてiPhone 3GSをちゃんと充電出来るのか確認しました。


まずは、iPhone 3GSがシャットダウンするまでバッテリーを使い切ってから、KBC-L2Sを繋いで、DC OUTボタンを長押しすると、無事に充電スタート!


その後、充電が止まること無く、満充電されることを確認しました。


その時点でDC OUTボタンを長押しすると、LEDが3回点滅したので、まだまだ余裕です。


http://jp.sanyo.com/eneloop/lineup/booster.html
こちら、三洋のエネループのサイト


以下は、iPhoneの外付けお勧め外付けバッテリーのおさらいです。

バッテリー名 最大出力 容量
iCharge eco Mini 500mA 750mAh
iCharge eco DX 750mA 1350mAh
KBC-L2S 500mA×2 5000mA
KBC-L3S 500mA 2500mA
FPS220U 1A 2000mAh
FPS440U 1A 4400mAh

iPhone 3Gを充電するには1Aの電流が必要と言われていて、実際にこの1Aが必要になるのは、iPhoneのバッテリーが空になった状態から、起動させるまでで、その後はここまで必要無いらしいです。

出力電流が500mAのL2Sですが、500mAの2出力であるため、内部回路的には1A以上の能力を持っているはずです。

また、750mAのeco DXですが、まっとうな設計者なら、20〜30%のマージンを持たせて設計しているし、更に、iPhoneが要求する1Aというのにもマージンが含まれているため、実力的に、きちんと充電出来るのでしょう。

500mAのeco MiniやL3Sでは、充電に苦労するのは当然と言えます。


iPhone 3Gのバッテリー容量は1800mAh程度と思われます。eco DXで74%充電できましたし、FPS220Uではフル充電しても残量がありましたから。

そうすると、1350mAhのeco Miniでも、25%の充電が出来るはずですが、20%までもっていくのに苦労したのは、最初にiPhoneを起動させるために、少し電力を食われてしまったのですかね。


と、まとめていましたが、iPhone 3GSでは少し状況が異なるようで、iCharge eco Miniでは、全く充電出来ませんでした。

eco DXで63%充電できましたので、iPhone 3GSのバッテリー容量は2150mAh程度と思われます。


こうみると、iPhone 3GSでは、L2Sを持っていた方が良さそうです