読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりなり日記

スマホ、GARMIN、トレラン、サイクリング、テニスの情報を中心に発信中!

通院開始

突発性難聴

スポンサーリンク

今日は、朝から労災病院へ。高圧酸素療法を受けるための、事前検査を受けました。ちよっと、心電図に問題あり、水曜日に追加検査で問題無ければ、そのまま、治療を受けることになります。

ここでも、治癒の可能性は、ほとんどないと言われました。過去の事例からして、このレベルから聴力を取り戻した人はいないそうです。この言葉にも慣れたかな。

聴力検査の結果は、大学病院の退院時と大差なし。
f:id:narinarissu:20081118140724j:image


カルテを書くのを見ていたところ、僕の聴力レベルは、「scale out」とされていました。
大学病院の退院時にも言われたが、血液検査の結果、肝臓の機能が低下しているらしい。入院中の薬と点滴の影響と思われる。やっぱり、薬は怖い。GOTとGPTが増加している。GOTは200を超えており、ちょっとまずいとのこと。メチコバール(ただのビタミン剤)以外の薬は止めるように指示を受けた。

通院中に、何度か血液検査をして、状況を確認するとのこと。

午後は、星状神経節ブロック治療のために、別の病院へ。かなり待たされましたが、無事、注射をして貰いました。

どんなものかと、緊張しましたが、まあ、何ということは無い。痛みも、ほとんど無し。首の根元に注射を射すなんて、生まれて初めてですけど。

今年は、生まれて初めてのことがたくさん。7月にレーシックを受けて、はじめての手術。突難で、はじめての入院。まだ、何か有るだろうか。。。はじめての、いいことが有って欲しいものです。

レーシックでは、医学の進歩って凄いなーと感心し、突難では、医学の無力を思い知らされました。

今日は、二箇所とも初診だったから、待ち時間だけで3時間。長かった〜。
体が弱って気になるのが、駅のエレベーター。
どう見ても健康そうな人たちが、我先にと乗り込んでいく。僕は、そこに入り込む気力もなく、エスカレーターの混雑も怖いので、エスカレーターの列の最後尾に並びます。
まあ、僕もパッと見には体が弱っているようには見えないわけですが。。。